スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
出来レース
 2005.11.16 Wed
日米首脳会談 自衛隊イラク派遣延長を示唆 同盟強化確認

小泉純一郎首相は16日午前、ブッシュ米大統領と京都迎賓館で会談した。自衛隊と米軍の連携を強化する在日米軍再編の中間報告がまとまったのを受け、同盟協力を世界規模に拡大する方針を首脳間で確認した。首相は日本政府としてイラクの復興支援に継続して取り組む方針を表明。両首脳は会談後、共同記者会見を行い、首相は「自衛隊の活動も含め、国際社会の責任ある一員としてイラクの復興支援に何ができるか、日米同盟の重要性をよく考えながら総合的に判断したい」と、12月14日に期限を迎える自衛隊のイラク派遣を延長する意向を強く示唆した。
 両首脳の会談は04年11月のチリでの会談から1年ぶり。会談に先立ち首相と大統領夫妻は京都市内の金閣寺を散策した。
 共同記者会見で、首相は「日米関係が緊密であればあるほど中国、韓国、アジア諸国とも良好な関係が築ける」と述べ、首相の靖国神社参拝で悪化した中韓両国との関係などアジア外交でも日米同盟を最優先する考えを強調。大統領も「日米関係は死活的で強固な関係」と語り、9月の衆院選で自民党を圧勝に導いた首相をたたえた。
 会談で両首脳は、来年3月にまとめる在日米軍再編の最終報告に向け協議を加速させ、「世界の中の日米同盟」を強化するため自衛隊と米軍の連携を世界規模に拡大させる方針を確認。小泉首相は中間報告に盛り込まれた普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)移設など基地再編案の実現に政府をあげて取り組むことを約束した。
 両首脳はまた、国際社会がイラクの復興支援を継続することが必要との認識で一致。首相は自衛隊の派遣延長について12月の期限までに主体的に判断する考えを伝え、延長期間や撤退時期への言及も避けた。
 米国産牛肉については、日本の食品安全委員会が月齢20カ月以下の輸入再開へ向け国民から意見を公募する手続きに入っていることなどを首相が説明。大統領は日本政府の対応を評価した。
 首相は日朝政府間対話を1年ぶりに再開したことにも触れ、大統領は北朝鮮の拉致問題解決を求める日本政府の立場に改めて支持を表明。首相は国連安保理常任理事国入りを目指し国連改革に取り組む姿勢を強調し、米側の理解を求めた。
 鳥インフルエンザ対策、世界貿易機関(WTO)の新多角的貿易交渉(新ラウンド)などをめぐる協力についても話し合った。【平田崇浩】
 ■日米首脳会談の骨子■
・国際社会の中での日米関係の重要性を確認。
・日米関係が緊密であるほど中国、韓国などとも良好な関係を築ける
・首相がイラク、アフガニスタンへの支援継続を表明し、自衛隊のイラク派遣延長について国際社会の一員としての日本の役割、日米同盟の重要性などを総合的に判断すると説明。大統領は最善の決断を求める。
・首相が米軍再編の実現に向けて最大限努力すると表明。
・大統領が日本の国連安保理常任理事国入りに支持を表明。
・大統領が北朝鮮による拉致問題について、懸念を共有していると表明。
・WTOのドーハ・ラウンドの前進を図ることで一致。
・大統領が衆院選での勝利を祝福し、首相の改革を評価。
(毎日新聞) - 11月16日17時20分更新

※K氏とB氏の握手写真もありましたが、気分が悪くなるので掲載せず。
=================================================
なんと単純な国々なのでしょう。。。
スポンサーサイト
  c:1  t:0   [みなみ]
comment

全く、米国のような超マイペースな国に腰巾着のごとくべったりでは先行き不安ですな。米国と対等に渡り合える宰相の出現を望みます。
by: naopyon | 2005.11.17 07:51 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/85-cd7144ad
六百年前、桜を全部、切りました。春より秋を選んだお寺です。| HOME | 母と子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。