スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
不得意な経済ネタですが・・・
 2005.11.15 Tue
首相、量的緩和解除「現段階では尚早」
 小泉純一郎首相は14日、日銀の量的金融緩和政策の解除時期について「まだ早いんじゃないですか」と述べ、現在の経済情勢では解除すべきではないとの見解を示した。そのうえで解除の条件について「物価が(前年比で)ゼロ以上ないとね。まだデフレ状況だ」と指摘した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 日銀は消費者物価が前年比で安定的にプラスに転じるまで量的緩和を続けるとの方針を打ち出しており、首相は物価下落が続いている現段階での解除は時期尚早と判断したとみられる。

 与党の一部に見直し論が出ている日銀の独立性については「日銀が判断すること。全体の政策は政治が考えること。両方ある」と述べ、政府・日銀の今後のあり方について明言を避けた。

 日銀の福井俊彦総裁は来年中に消費者物価が前年比で上昇に転じるとの見通しから、今後の量的金融緩和解除に前向きな姿勢を示している。これに対し、自民党では中川秀直政調会長が強くけん制しており、政府・与党の一部と日銀の間で綱引きが始まっている。 (21:44)

-------------------------------

日本は言うまでも無く資本主義経済の国です。したがって他の自由経済の国々と同じく、過剰な国家の干渉を防ぎつつ民間のお金の流れを管理する「中央銀行」があります。(日本は日本銀行=日銀)
その日銀に対して、総理、官房長官、政調会長をはじめとした政府側が、日銀の施策、それどころか独立性にまで言及しています。日本はこのまま共産主義国家へ向かうのでしょうか?ちなみに日銀総裁の給料は総理大臣より高くなるように設定されるそうです。(政府に気後れしないため!?とか)
スポンサーサイト
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

ワタクシは金利がどうのこうの、それが景気、株価にどう影響するか、という簡単な仕組みしか理解できてないので、なんとも言えませんが、ワンワン宰相、失礼、ワンマン宰相の言うことは信じないことにしています。
by: MRMT | 2005.11.15 14:53 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/79-1ba60a68
モバイルスイカ| HOME | 歯ぎしり球団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。