スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
本田美奈子さんの死を悼む
 2005.11.08 Tue
38歳本田美奈子さん死去、白血病で
2005年11月07日10時02分
本田


 「1986年のマリリン」などのヒット曲で知られ、ミュージカル女優としても活躍した歌手本田美奈子.さん(ほんだ・みなこどっと、本名工藤美奈子=くどう・みなこ)が6日午前4時38分、急性骨髄性白血病のため、都内の病院で死去した。38歳。今年1月に病気が判明して緊急入院。過酷な闘病生活だったが、「きっと元気になってみなさんの元に帰る」と信じて、最期まで闘い続けた。

 本田さんは、家族や親類、所属事務所関係者らが見守る中、息をひきとった。関係者は「文字通り、静かに眠るようでした。最後に天使みたいにほほえんで、全員から『わぁーっ』と感動の声が上がったほどでした」と振り返った。

 埼玉県朝霞市の自宅に帰った遺体は、1階の居間に安置され、家族が寄り添っているという。所属事務所はマスコミ各社に送ったファクスで「10カ月の闘病生活を送っていましたが、きょう永眠致しました」と悲報を伝えた。過酷な闘病生活の一部始終を見てきた事務所の高杉敬二社長は「明日は治るという希望のもと、勇気ある闘いをしていました。感動と勇気をもらったし、こういうアーティストに出会えて本当に良かったです」と話した。

 本田さんが緊急入院したのは今年1月13日。風邪のような症状で診察を受け、病名が判明した。3度の化学療法と臍帯血(さいたいけつ)移植手術を受けた。7月30日に一時退院し、翌31日の誕生日を自宅で迎えるなど快方の兆しもみえていたが、8月31日に再び染色体の異常が発見され、再発が判明した。米国から取り寄せた新薬も試みた。

 今年がデビュー20周年。節目の年の復帰を信じて、新アルバムを企画していた。「病室とレコーディングを行き来してつくろう。まだ20周年に間に合う」と先月から詩の創作も始めていたが、容体が急変した。高杉氏は「僕が最後に聞いた美奈子の言葉は『レコーディング頑張ろうね、ボス』でした」。

 アルバム発売、ミュージカル出演、20周年コンサートなどすべてをキャンセルした闘いだったが、本人はいつも「負けない」と前向きだった。抗がん剤の副作用で髪が抜け、毎日デザインが違うバンダナを巻いて自分を励ました。

 病床では、ファンや友人の手紙を毎日ながめ、励みにしていた。移植手術後の5月には、ファンに向けた直筆メッセージを発表。「現実を受け入れ病気と闘わなくてはいけないと思っていても、涙が止まらないのです。泣きたい時は我慢しないで泣いています」と不安な心境もつづったが「きっと輝く健康な自分が待ってくれていると信じています」と自分を奮い立たせるような言葉で結んだ。

 普段は「たくさんの人に支えられて私は生きている。そのことが病気になって初めて分かった」と繰り返し語り、不安や希望をノートに書き留めてもいた。亡くなる数日前には「自分の舞台を見たい」という本人の希望で、出演ミュージカルのDVDが届けられた。

 10月半ばに電話で話した関係者には、明るい声で「私は元気よ。あなたこそ元気なの?」と話し、笑っていたという。ミュージカル共演以来の友人、歌手岩崎宏美は、5日に病室を見舞ったときの様子をこう語った。「意識はなかったけど、大声で呼びかけると『ああ』と答えてくれました」。細身の体から繰り出す歌声同様、その生きざまは最期まで力強かった。

 ◆本田美奈子. 1967年(昭和42年)7月31日、東京都生まれ。85年に「殺意のバカンス」でアイドル歌手としてデビューし、同年の「Temptation」で日本レコード大賞新人賞を受賞。92年に「ミス・サイゴン」のキム役でミュージカルデビュー。以後「レ・ミゼラブル」「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演し、ミュージカルを中心に活躍した。04年11月に姓名判断で「字画を1つ増やせば、輝ける未来に」といわれ、名前の最後に「.」をつけて改名した。163センチ。血液型O。

--------------------------------

特にファンではありませんでしたが、私は同学年なのでかなりショックでした。(同学年といえば、岡田有希子も同学年でした。)
白血病はもはや不治の病ではない、と思っていましたが、やはり病気には急性の悪性タイプがあるようでこいつはいかんともしがたいようです。最近テレビで見ないと思っていたら舞台などで活躍されていたようです。本田さんのご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

夏目雅子さんと同じ病気で亡くなりました。「1986年のマリリン」は当時としては珍しい、お色気路線だったと記憶しています。
by: MRMT | 2005.11.08 11:00 | URL | edit

中学生の頃、コンサートに行ったことがあります。特にファンということはなかったのですが、従兄に連れらて。しかし中学生の自分にマリリンの衣装は刺激的過ぎました。。。
by: URAURA | 2005.11.08 19:40 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/64-7adb05e5
「パリは燃えている!」| HOME | サラリーマンと自分の夢と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。