スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
落日燃ゆ
 2005.11.01 Tue
落日燃ゆ
城山三郎著
落日

外交官として強硬な陸軍と対決しながら平和を模索した広田弘毅という人をご存知でしょうか?外務大臣、内閣総理大臣として戦争に傾く世相の中、昭和天皇からも厚い信任を受け、和平のため全霊をかけます。
が、戦後、連合国が東京裁判でA級戦犯として彼に下した判決は絞首刑。私は彼の「風車、風が吹くまで昼寝かな」という一句が大好きです。

by naopyon
スポンサーサイト
  c:2  t:1   [ブック☆レビュー]
comment

歴史音痴なワタクシでも広田弘毅さんのお名前は存じ上げております。噂では、広田さんを超える外相はその後、わが国にはいないとか。貯蔵ワインの量では、負けないのでしょうけど。
by: MRMT | 2005.11.07 22:27 | URL | edit

ワタクシの実家にこの本がありましたので、滞在中に、読みました。「自ら計らず」を信念にし、東京裁判中も「何かを言えば言い訳になる。人のせいにしてしまう。」と沈黙を守り、死刑を粛々と受け入れた、とのことです。文中何度も「長州の作った憲法が日本を滅ぼした」との記述があります。住んだことはないくせに、まさにその長州を選挙区とするどこぞのカラカラ総理大臣は、「日本国憲法」を改正しようとしております。「美しい国、日本」はどこに行くのでしょうか。
by: キッチュ | 2007.05.01 21:39 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/53-ea4b0c59
広田弘毅

広田弘毅広田 弘毅(廣田 弘毅)(ひろた こうき、1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は日本の外交官、政治家。第32代内閣総理大臣。生涯 生い立ち 1878年2月14日、福岡県那珂郡 (筑前国)|那珂郡鍛冶町(現・福岡市中央区 (福岡市

あすかのblog  2007.08.15 05:17
Zガンダム| HOME | 高橋真梨子の「the best」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。