スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
若き詩人に想う
 2008.02.16 Sat
この2月から韓国の詩を学ぶ講座に通ってみることにしました。
韓国人なら誰もが一度は親しんだことのある詩人と詩を取り上げて鑑賞し、
詩の時代背景や特有の言葉遣いなどの調べを感じてみる、という内容の5回シリーズです。
その中で、以前から気になっていた最も有名な詩人の一人「尹東柱(ユン・ドンジュ)」の生涯にも
触れる機会がありました。

ユン・ドンジュは、日本への留学中、朝鮮語で詩などを書きためていたそうですが、
それが独立運動につながるとされ治安維持法違反で逮捕、1945年に福岡で獄死しています。
27歳の若さでした。
そんな彼の一編の詩において、変わることのない大自然の中で「自分」という存在をつきつめて考え、
受け入れて生きていこうとする青年の姿に出会いました。
「至らない自分が憎らしくなり、でもかわいそうになって、また憎らしくなり、でも恋しくなる。」

私も生きていく上でどんな自分も受け入れることは大切だと思っています。
それと同時に、自分の存在価値を見出せるか、ということも同じくらい大切だと思っています。
誰でも長所があり、短所もあります。自分を受け入れることができても、
その存在価値を見出せない(見出せなくなる)というのは、とても寂しいものです。
自分もどんな小さくても価値ある存在でありたかったし、これからもそうなれる道を探求していきたい、
そんなことを思ってしまいました。

そして、今日2月16日は、ユン・ドンジュの命日でもあるのです。

スポンサーサイト
  c:4  t:0   [おしゃう]
comment

朝鮮語の詩というものは想像もつきません。
漢詩のように韻を踏んでいるのでしょうか。
by: プリチゐ | 2008.02.16 14:07 | URL | edit

ワタクシは未だ自分の存在価値を見出し得ません。「不惑」まで3年を切っておりますが、何とかその頃までには、と思っています。
by: みなみ | 2008.02.16 22:08 | URL | edit

プリチゐ様
朝鮮語の詩も韻を踏んでいるものもありますよ。
日本で短歌や俳句のような音の数が決まった歌が発達したのは、
日本語は母音の数が少ない言語なので韻を踏むのが難しかったから、
という話を聞いたことがある「ような」気がします。
(私の記憶は時々すごく曖昧、そしてたまに嘘であることがあるので、
あてになりませんけれど・・・)
外国語の詩は、訳してしまうと原語ならではの趣が
なくなってしまうのが残念に感じられます。
by: おしゃう | 2008.02.17 23:13 | URL | edit

びわ100gには、カリウム/160mg、カルシウム/13mg、カロチン/720μg、ビタミンC/5mgなどが含まれています http://ainsyutain.sabellsenterprises.com/
by: 名無しさん | 2008.11.09 22:39 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/493-8d4b1ebd
みちのく一人旅| HOME | 遅い初詣
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。