スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
大阪に続き
 2008.02.11 Mon
地方では、自民党が優勢なようです。

==========================================================

<岩国市長選>米軍再編に追い風 問われるアメとムチ
2月11日2時35分配信 毎日新聞

 10日投開票の山口県岩国市長選で、米空母艦載機の岩国基地移転を容認する福田良彦氏(37)が初当選を決めた。「米軍再編反対」を掲げる自治体の一角が崩れた形だが、福田氏も「国と条件交渉」と、井原勝介氏(57)とさして変わらぬ立場を表明している。争点となった新市庁舎建設補助金問題をめぐっては、政府の「アメとムチ」の手法の問題点も浮かび上がってくる。【大山典男、上野央絵】
 06年3月の住民投票と同年4月の初の新岩国市長選で、艦載機移転に圧倒的「ノー」を突きつけた岩国の民意。三たび問われることになった今回は「容認を前提に国と交渉」の福田氏を選択した。
 「米軍再編にプラスになる」。政府関係者は結果に安堵(あんど)した。
 在日米軍再編で日米両政府は、福田政権発足後も機会あるごとに「06年5月の日米合意通りの履行」を確認している。その是非を問う市長選だけに、政府・与党は「対外的なアピール度が非常に大きい」(伊吹文明自民党幹事長)とかたずをのんで見守ってきた。
 再編計画全体の中で岩国基地の占める位置は重要だ。在日米軍基地の中で朝鮮半島に近く、極東有事の即応部隊の拠点。空母艦載機59機移転で海兵隊などの運用がより効率的となるほか、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のKC130空中給油機12機移駐で基地機能は強化される。
 政府関係者は福田氏の勝利でこの流れが確定することを期待、新市庁舎建設補助金の凍結解除について「当然柔軟に対応する」と明言したが、防衛省は従来対応との整合性に苦慮している。
 「米軍再編の進展で名目が変わった」というのが凍結をめぐる政府の公式見解だ。しかし、防衛省幹部は「態度を変えれば出すとの含みも持たせた」と語り、「アメとムチ」手法の一環だったことを認めている。米軍再編を地元に強硬に押し付けた安倍政権時代のしわ寄せが、「凍結解除のための新たな補助金創設の検討」という苦肉の策につながることになった。
 政府は在日米軍再編の核である普天間飛行場移設問題で、昨年12月の北部振興策凍結解除に続き、再編に伴う地元負担の見返りとしての再編交付金を沖縄県名護市に支給する方針を決めた。
 環境影響評価(アセスメント)本調査着手のメドが立ったことを受けた措置だが、沖縄県と名護市は同時に政府案修正を改めて要求した。
 再編交付金支給の条件となる「再編に協力的な自治体」の定義のあいまいさが露呈した形で、政府の「アメとムチ」手法のほころびが見え始めたとも言えそうだ。

スポンサーサイト
  c:2  t:1   [みなみ]
comment

自民党が相当地方組織を締めなおしていることと、民主党が相変わらず頼りないのが原因ではないか、と思ったりします。
by: プリチゐ | 2008.02.12 08:02 | URL | edit

ラクロスを探すなら http://www.mnpainctr.com/101070/407942/
by: 名無しさん | 2008.11.12 09:19 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/491-ebf1f2c0
「福田良彦氏」についての最新ブログのリンク集

福田良彦氏 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

話題のキーワードでブログサーチ!  2008.02.12 00:16
遅い初詣| HOME | 「和」の指向
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。