スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
現首相も「KY」か
 2007.11.03 Sat
こんなことをしたら、国民は猛反発ですよ!何を考えてるんですかね、二世首相は。

===============================

<大連立協議>首相の賭け、失敗
11月2日22時15分配信 毎日新聞

 福田康夫首相(自民党総裁)から民主党の小沢一郎代表に2日、打診された連立政権樹立のための協議。即答を避けて持ち帰った小沢代表だが、党役員会では反対論が噴出し、民主党は即日、協議に応じない方針を決め、回答した。「大連立」によって混迷政局の打開を図る自民、民主両党首の賭けは失敗に終わったが、この時期に協議を持ちかけた福田首相の意図はどこにあったのか。前のめりに協議に乗りかけた小沢代表の立場はどうなるのか。両党首とも足元が揺らぐ結果となり、政局もより一層、先が読めない状態となった。 

 ◇「ねじれ国会」打開 首相の事情
 福田首相と小沢代表との再会談で、連立政権協議が議題に上ったのは、参院の与野党逆転という「ねじれ国会」の下で政策執行がままならない行き詰まりを打開する必要に迫られた首相側の事情があった。しかし一方で、新テロ対策特別措置法案に頑強に反対し、政府・与党を揺さぶっていたはずの小沢氏が連立に積極的な姿勢を示したことも、首相がこの時期を選んだ背景にある。しかし仮に「大連立」が実現すれば、事実上の「大政翼賛会」状態となり、与党側にも民主党にも反発や警戒感が強まっていたことが、両党首の「挫折」につながった。
 「連立というか、まあ新体制ですね。政策実現のための新体制」。首相は2日夜、小沢氏との会談を終えた直後、記者団にこのように説明した。
 10月30日の首相と小沢氏との初会談終了後、与野党問わず「大連立」がにわかに脚光を浴び始めていた。今回の大連立協議の仕掛け人は、福田首相を支える森喜朗元首相、中川秀直元幹事長が中心。中曽根康弘元首相や読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長兼主筆も強く後押しした。
 森氏は2日、埼玉県深谷市で講演し「私は(首相と小沢氏の)2人の会談を勧めた1人だ。うまくいくよう期待している」と期待感をあらわにした。中曽根氏もテレビ番組の収録で「小沢氏は大連立に思い切って踏み切るべきだ。国の方向付けを首相と小沢氏の2人がやらないと責任は果たせない」と強調した。
スポンサーサイト
  c:3  t:0   [みなみ]
comment

何でこのタイミングなのでしょうね。以前の「加藤の乱」もそうですが、永田町の方々は時々KYな行動を起こします。
いずれにせよ福田、小沢両氏ともダメージを受けることは必至です。誰かが「漁夫の利」を狙った演出だったりして。
by: プリチゐ | 2007.11.06 05:29 | URL | edit

業務独占資格とは、有資格者しか行うことができない業務が法律で規定されている国家資格のこと http://manifestation.ellingtonrecords.com/
by: 業務独占資格 | 2008.12.14 12:42 | URL | edit

このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2013.02.28 18:12 | | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/464-423ec149
眠れない!温暖化で睡眠中に鼻血 チベット自治区| HOME | 「TBS」はどこへ行く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。