スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
「、」(批評としての句読点)
 2007.09.24 Mon
2007.jpg


「なんとなく、クリスタル」 田中康夫著

「なんとなくクリスタル」ではなく、「なんとなく、クリスタル」と言うところに田中氏の「批評性」がある、と文壇では言われています。ワタクシには高等な日本語文法の解釈は分かりませんが、この著作が相当な「批評性」に満ちているのはよく分かります。繰り返し申し上げますが、彼は良い政治家だと思っております。

by みなみ
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [ブック☆レビュー]
comment

私は難しい解釈、特に国語に関するものは苦手です。
でも、言葉ではなく、句読点に何らかの意図を込めたり、読む側がその意図を
汲み取ることができるというのは、すごいことだと思います。
このような表現は、句読点を持つ日本語という言語特有のものなのでしょうか?
ふと疑問に思いました。
by: おしゃう | 2007.09.30 21:40 | URL | edit

本題に句点が付いているのをはじめて知りました。さすがみなみさん。
田中康夫はしばらく山本コータローと組んで笑っていいとも!の初期の頃に出ていましたね。
by: プリチゐ | 2007.10.03 12:48 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/455-bc6c5de8
久々に聴いてみました| HOME | この国には何でもある・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。