スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
この国には何でもある・・・
 2007.09.15 Sat
2002.jpg


希望の国のエクソダス 村上龍

このブログのタイトルのコトバには、「ただ、希望がない」という主人公である中学生のセリフが続きます。わが国の第一党は「平成無責任男」の「自爆テロ」(田中康夫氏発言引用)によって、右往左往状態になっておりますが、誰が総裁になろうとも、「希望」のある国家作りを目指してもらいたいものです。

by みなみ
 
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [ブック☆レビュー]
comment

敢えて言うなら「政界再編」が希望の入り口でしょうか。。。
by: プリチゐ | 2007.09.18 12:40 | URL | edit

先日、れいちぇるさんにお借りした本「保存版 そうだ京都、行こう。」の中に載っている、98年春勝持寺のCMキャッチコピーの一部です。

『これまでも、この国に、何度も冬の時代はあったけど
春は必ずやって来るんですね。』

陰の中にも陽が存在し、陽の中にも陰が存在する。そして、陰と陽は永遠に繰り返すという意味を表す大極図のように、今がもし「陰極まる?」状態だとするならば、今起こっていることの何かをきっかけに、状況が陽に転じたらいいな、と思います。
by: おしゃう | 2007.09.18 22:29 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/454-e18802a7
「、」(批評としての句読点)| HOME | 生きる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。