スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
新しい出会いと去り行く人へ
 2007.09.09 Sun
今日はイタリアの音楽について2つ、最近の出来事を紹介したいと思います。

先日の旅行で、今まで聴くことのなかった新しいジャンルの素敵な音楽に出会いました。
それは「ジャズピアノ」です。
旅行中、お気に入りの街を散策していると、どこからともなく、感性に働きかけられるような
とても素敵なピアノの曲が流れてきました。
どんなジャンルの音楽なのかと思ったら、今までもこれからも縁がないと思っていたジャズでした。
CDを購入して帰ろうとしたところ、売り切れていたので、アーティストとCDのタイトルを教えていただきました。
早速、インターネットで購入し、今一番のお気に入りとなりました。
「食わず嫌い」もほどほどにして、自分の心でよいと感じたものを大切にしたいです。

もうひとつ、日本でもニュースで取り上げられていますが、世界3大テノールの一人、
L.パバロッティ氏が亡くなりました。
↓の記事によると、トリノ五輪開会式での熱唱が最後の舞台だったのですね。
彼が開会式で「トゥーランドット」をうたっているのを聴いて、フィギュアスケートの荒川静香さんが
五輪での運命を感じた、と話していたことを思い出します。
日本でもこのエピソードが紹介されて、「トゥーランドット」というオペラが知られるようになったような気がします。
荒川静香さんが使用した曲は、オペラ「トゥーランドット」のアリアの一つ「誰も寝てはならぬ」ですが、
このお話はとても素敵な愛の物語です。
オペラ、バレエ、ミュージカルは、あらすじを知っていると、音楽・パフォーマンス両方楽しめ、
とてもお得感があります。皆さんも、もし鑑賞の機会がありましたら、
お話のあらすじを予習されることをオススメします。
パバロッティ氏のご冥福もお祈りしたいと思います。

=================================================================
オペラ歌手のパバロッティさん死去…3大テノールの一人

 【ローマ=松浦一樹】イタリアのオペラ歌手で、世界3大テノールの一人とされるルチアーノ・パバロッティさんが6日、腎不全のため、同国北部モデナの自宅で死去した。71歳だった。葬儀は8日、同市の教会で行われる予定。
 1935年、同市出身。61年にイタリア国内でオペラ・デビューを飾り、伸びやかな美声でたちまち世界的な人気を獲得した。技術的に困難な高音を軽々と繰り出す名技から、「キング・オブ・ハイC」の異名を取った。世界中の著名歌劇場でイタリア・オペラに出演する一方、レコード録音にも意欲的に取り組んだ。
 日本には71年に初めて来演。満面に笑みを浮かべる人懐っこい性格で、女性を中心にファンを増やした。
 90年代以降は、同じく人気テノールのプラシド・ドミンゴさん、ホセ・カレーラスさんと組んで、大型スタジアムなどで歌う“3大テノール”公演で成功。日本でも96、99、2002年と、3度にわたる来演に多くの聴衆を集めた。離婚騒動など、私生活でも話題を振りまいた。
 2004年から“引退ツアー”を行ったが、体調不良から公演の中止が増え、2006年冬のトリノ五輪開会式での熱唱が最後の舞台となった。同年7月、米国で膵臓(すいぞう)がんの手術を受けてから、モデナの自宅で療養を続けていた。
 「マエストロ・パバロッティ」死去の悲報は6日、世界を巡り、各国メディアがトップ扱いで伝えた。英BBCは「オペラ界の伝説」と故人をたたえている。
 モデナでは故人の偉業をたたえ、地元歌劇場を「パバロッティ劇場」に改名するという。
 パバロッティさんの悲報を聞いて、3大テノール仲間のドミンゴさんは6日、米ロサンゼルスで「彼の声とユーモアのセンスは愛すべきものだった」とする声明を発表し、哀悼の意を表した。
 また、パバロッティさん出演のオペラで度々、タクトを振った指揮者のズービン・メータさんは、伊中部フィレンツェで、「彼の声と顔は永く記憶されるだろう。一緒に仕事ができたことをうれしく思う」と話した。
(2007年9月6日19時29分 読売新聞)

スポンサーサイト
  c:3  t:1   [おしゃう]
comment

パバロッティ氏の名前は私のような者でも聞いておりました。
ご冥福をお祈りいたします。
by: プリチゐ | 2007.09.10 14:41 | URL | edit

「ジャズピアノ」というコトバの響きから、山下洋輔さんが思い浮かびましたが、ジャンルとしては無関係なのでしょうか。。
by: みなみ | 2007.09.12 08:23 | URL | edit

みなみさま

山下洋輔さんの音楽をあまり存じていないので恐縮なのですが、ジャンルが同じものでも雰囲気が違うものは大分あるようです。
ジャズは、私にとって、まだまだ未知の世界です。
by: おしゃう | 2007.09.18 22:30 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/452-2a07e01c
世界3大テノール’94 夢の競演

トゥーランドットのアリア「誰も寝てはならぬ」を視聴する目的で買うならば、私はこのDVDをお勧めします。ドラえもんのような体躯のパバロッティを気遣ってか、「誰も寝てはならぬ」を歌っている間カメラは終始彼の上半身しか映していませんが、セクシーな歌手でもないので

オペラ歌手の日  2007.10.02 02:40
生きる| HOME | 物思う一日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。