スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
危機感を生のエネルギーに変える
 2007.04.14 Sat
ヒュウガ・ウイルス―五分後の世界〈2〉 村上龍著
10.jpg


=======================================================

ワタクシの「バイブル」である「五分後の世界」の続編とされているものです。登場人物はまったく変わっていますが。。この小説でも、村上氏は徹底的に、「危機感なき人間は死ね!」と主張しています。「ヒュウガ・ウィルス」という恐ろしいウィルスが蔓延した時に、それに打ち克ったのは、国民軍の兵士(好き!)と失明寸前の少年でした。この失明寸前の少年は、失明の危機を前に、懸命にあるバレエを正確に頭の中で再現できるように訓練し、失明に備えていました。ワタクシも常に危機感を持って、生活したい。この国ではたいへん困難な作業かもしれませんが。。 

by キッチュ
スポンサーサイト
  c:4  t:0   [ブック☆レビュー]
comment

5分後の世界とはまた違った角度から、現代の「平和ボケした日本国民」へ村上龍氏が警鐘を鳴らしていますね。
しかし正直、私は後半から訳が分からなくなってきました。
by: 葱平 | 2007.04.15 08:36 | URL | edit

日常生活における危機感、というか現状がずっと続くわけではないことに対する心構えは想像力を働かせることによって補える部分がありそうですが、今の社会の根底が覆るような非常事態においては、私の場合、そもそも生きていく力が脆弱な感じがします。
ちなみに、10年ほど前「タイタニック」で乗客が冷たい海に放り込まれたシーンを観たときは、「有事に備えて身体を鍛えておかねば!」と思ったものですが、未だ実行できていません。。
by: おしゃう | 2007.04.15 22:13 | URL | edit

葱様。ワタクシも一回目に読んだ時は、内容がさっぱり分からなかったので、最近、再チャレンジしたのですが、もしかしたら「五分後の世界」よりストーリーは簡単かもしれません。村上氏はこの小説を二十日間で書いたと、あとがきに記してあります。恐るべき才能。。。
by: キッチュ | 2007.04.16 08:23 | URL | edit

キッチュ殿

そうでしたか。。。
なかなかハードカヴァーのデザインも気に入っていたのですが、時既に遅く、妻によってブックオフに売り飛ばされてしまいました。
by: 葱平 | 2007.04.16 08:38 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/417-72dc3a0b
最近、疲れがとれません。。。| HOME | なぞが解けた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。