スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
コトバ
 2007.03.10 Sat
「確認したが適切だった」、と何十回と答弁で繰り返した、この「何とか大臣」はカラカラ首相同様に、日本語を理解できないのでしょうか。。そういえば、いつの間にか「美しい国、日本」なる白痴丸出しの惹句も聞かなくなりました。
==============================================================
20070310k0000m010137000c-small.jpg


<松岡農相>光熱水費問題での説明拒否 参院予算委で (毎日新聞)

松岡利勝農相は9日の参院予算委員会で、自らの資金管理団体が無償のはずの光熱水費を政治資金収支報告書に計上していた問題に関し詳細な説明を拒否した。安倍晋三首相もこうした対応を擁護。野党側は「安倍内閣は隠ぺい体質」として攻勢を強めている。
 「必要な報告はすべて適切に行っている。それ以上の報告は、現行の法制度が求めていないので差し控えたい」。松岡農相は、浅尾慶一郎氏(民主)が、東京には議員会館しか事務所がないのに01~05年の5年間で計約2880万円の光熱水費を計上した問題を追及すると、「不明朗」な答弁に終始した。首相も、政治資金規正法に沿った対応をしているとの説明を繰り返すだけだった。
 野党側が光熱水費の内訳を追及するのは、農相自身が5日の参院予算委で「何とか還元水や、暖房とか別途そういうものが含まれる」と釈明し、「確認して必要な範囲で答える」と答弁したためだ。しかしその後は「確認したが適切だった」の一点張りだ。
 しかし、自民党内でも「(光熱水費が)かかっているのは誰が見たっておかしい。私も毎日還元水を飲んでいるが、1台20万円だ」(笹川尭党紀委員長)との批判があり、この問題は安倍内閣の足元を脅かす火種となりそうだ。【谷川貴史】[ 2007年3月10日0時35分 ]

スポンサーサイト
  c:2  t:0   [みなみ]
comment

言葉とは、本来、伝えたいことを明確に表現するために発するものだと思っています。ただ、相手とあまりにかみ合わないやり取りをしてしまう(この場合一点張り)と、言葉を発している本人の思惑とは別に、言葉で表現されていない真実を他人に伝えてしまう側面も持っているように思います。
話はそれますが、先日、会社でコミュニケーションについての研修がありました。日常生活においてよいコミュニケーションをとるために、もっと言葉の持つ力を借りましょう、という内容だったと思います。この場合、勿論前者での意味での言葉です。よいコミュニケーションをとるためには、お互いの信頼も必要なのだと感じました。
by: おしゃう | 2007.03.11 23:17 | URL | edit

この大臣は以前私が「臨時アポジェ」でお話した利権がらみで真っ先に名前が挙がってきます。
現首相の大臣の指名は何とも一貫したポリシーが感じられず、心配です。
by: 葱平 | 2007.03.12 17:50 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/402-4e150e3e
胴体着陸の全日空機、前輪格納する油圧式ドア故障| HOME | 留学することにしました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。