スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
救助の巡査部長死亡=東京都板橋区の東武線事故
 2007.02.13 Tue
宮本巡査部長は、近所にも評判のお巡りさんだったようです。
市民のどんな些細なお願いに対しても真摯に対応し、子供たちに対してもいつも笑顔で優しく接してきたといいます。
最後の最後は、女性の命を助けようと、自分の命を犠牲にして立ち向かった結果であり、無念でなりません。彼の仕事への「プロ意識」に関しては、心を打たれます。いろんな方面で、「プロ意識はどこへ行ったの?」と思うような数々のずさんな事故が起こっている同じ日本という国にいながら、彼のような志を持った人がいるということに心が熱くなりましたが、その結果がこのようなことになってしまったことは、神様のいたずらというには残酷すぎる気がします。
ご冥福をお祈りします。


***************************************************************
東京都板橋区の東武東上線ときわ台駅で、線路に侵入した女性を助けようとした警視庁板橋署の宮本邦彦巡査部長(53)が電車にはねられた事故で、重体だった宮本さんが12日午後2時25分、治療を受けていた同区内の病院で死亡した。
スポンサーサイト
  c:3  t:0   [クルリンパ]
comment

やはり圧倒的多数の警察官は真面目で職務に厚い人なのだ、と再認識しました。
回復を祈っていただけに誠に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
by: 葱平 | 2007.02.13 08:23 | URL | edit

このような普通の人が、他人には優しく接する、という人間としての普通の感覚をもって、災難にあってしまう。自己保身のみを考える日出ずる国のナガタチョーに生息するイキモノの中に、この不幸から何かを感じる人がいるのでしょうか。
by: キッチュ | 2007.02.13 08:24 | URL | edit

亡くなった宮本巡査部長は、最後まであきらめずに電車に「止まってくれ」と叫んでいたと聞きました。その状況の心理状態を考えると、日頃から死をも覚悟していたと思わざるを得ない本当に立派な正義感をお持ちの方だったと思います。この事故によって皆が感じたものを一人ひとり忘れずにいることが、生きている私たちの責任であるようにも思います。
ご冥福をお祈りします。
by: おしゃう | 2007.02.14 21:48 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/396-79c26e26
『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ| HOME | 腐ってもアメリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。