スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
うるさいお客
 2007.02.05 Mon
私は今、習い事をしています。
先日、4月開講のパンフレットができていたので、同じクラスの知人と「次はどうしようか」という話をしていました。4月期のクラス編成は、今期の受講生へのアンケートで「きっとこんな要望があったのだろうな。」ということが十分伺い知ることができる内容だったので、「ずいぶん営業努力してるなぁ」などと、すっかり感心していました。運営する側は大変になるのでしょうけれど。。

すると、一緒にいた知人が「自分の目的に合うコースは何か聞いてみたい」と言い出したので、私もついでに説明を聞いてみることにしました。私と違ってその知人は目的が明確で、それをはっきり事務局の方に伝えているし、質問の仕方も具体的であるにも関わらず、「どうですかねぇ・・・」という返事しか返ってこないのです。「パンフレットでは説明しきれない部分、受講生が何を求めているのかをくみ取って、より目的に合うクラスをすすめてくれるのが事務局の役割なのではないの?自分で説明できなければ、ほかの人を呼んだりしないのかしら?」と思う前に、「どうですかねぇ・・・っていう答えってどうなの?」と、うるさいお客みたいなことを思ってしまいました。私は小心者でもあるため、その場では何も言えませんでしたが。。

最近、人を見るときに職業人として見てしまうことが以前よりも多くなったような気がします。(何てヤな奴!)
でも、「人の振り見てわが振り直せ」というように、日常の自分を振り返るいいきっかけとなりました。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [おしゃう]
comment

この事務局の人は責任回避をしたかったのでしょうか。おしやうさんの体験された事実は、自分の仕事に責任感を持って取り組まなければ、相手を決して満足はさせられない、という良い喩えです。コミュニケーション、コミュニケーションと巷間、騒がれていますが、その前に人に対する「姿勢」こそ重要だと思います。
by: キッチュ | 2007.02.06 12:24 | URL | edit

雪印や不二家の例を見るまでも無く、何事も初期対応が肝要です。
初期対応を誤ったばかりにその後の努力は想像を絶するものがあります。
この事務局の方もキャリアコンサルタントではなかったのかもしれませんが、「どうですかねえ・・・」は無いだろう、と思いますね。
by: 葱平 | 2007.02.07 12:09 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/392-32b10ed9
相手を許容する社会| HOME | 癒しの贅沢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。