スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
「あるある」事件に思う
 2007.01.23 Tue
今やテレビは、「あるある事件」一色です。
明日は我が身かもしれない、テレビ局も相手が他局だとどうしてこうも大喜びで叩くのでしょう?
この前まではNHKのDJオズマ一色でしたし。

もちろん、虚偽報道というものは決して許されませんが、テレビが良いと言った翌日には、納豆や寒天や白いんげんに群がり、嘘だと分かると猛烈に激怒する、というのも何だか主体性が無さ過ぎるような気がしてなりません。
納豆が健康にいいのは分かっていることですし、今後も普通に食べれば良いだけです。

やはり自己の努力で「真実を見抜く目」を養うことが、この情報洪水の中、欠かせないことであるということは間違いないようです。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

私も同感です。視聴者が誤った情報に振り回されてしまった、という風潮ですが、そもそも「努力なくして高度なものを成し遂げることはできない」という経験則を視聴者が忘れてしまっているようにも見えます。「楽をしてよいものを手に入れたい」という人間の弱い面が顕著にあらわれているのでしょう。
簡単にやせられるのであれば、私もとっくにスリムになっているでしょうし、改めて小さな努力の継続、自分を律することの難しさを感じてしました。
by: おしゃう | 2007.01.23 21:22 | URL | edit

ワタクシはひねくれ者なので、聡明な(苦笑)マスコミ各位がご提供いただく情報はあまり信じません。しかし、リューコー等にはどんどん疎くなっており、オヤジ度が加速度的に進行しているという弊害もあります。
by: キッチュ | 2007.01.24 22:24 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/384-f320e367
早くも「青息吐息」安倍政権 補佐官五人は何やってるの?| HOME | 徳川家康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。