スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
教育統治確立へ 再生会議が改革7指針まとめる
 2006.11.14 Tue
私は教育改革に関心があります。
ただ、この「教育再生会議」というものの良否はまだよく分かっていません。教育基本法の改正も判断しかねています。
少し研究を深めます。

-------------------------------

≪企業経営を応用≫

 安倍晋三首相の諮問機関「教育再生会議」(野依良治座長)は13日までに、目指すべき教育改革の方向性を7項目の「指針」としてまとめた。企業経営の手法を参考にした「教育ガバナンス(統治)の確立」「教育委員会制度の全面的な見直し」などを主な柱としている。今後の議論の土台として委員間の認識を共有化することで、来年1月の中間報告とりまとめに向け議論を加速させたい考えだ。

 このほか指針は、指導力不足教員への厳格な対応と「良い」教師の激励▽教育再生のための具体的な行動計画策定と実行▽教員の養成、任用の抜本的改正▽必要授業の確保とカリキュラム見直しによる学力の向上▽学校以外の家庭、地域、マスコミを含めた全国民的な当事者意識の醸成-の5点。

 指針は、野依座長ら中心メンバーで構成し、再生会議の3分科会の連絡・調整にあたる運営委員会が、これまで2回の総会を通じ委員から出された意見を集約、池田守男座長代理が提示した。

 教育ガバナンスは、企業の透明性確保や経営管理者の責任の明確化などを意味する「コーポレートガバナンス(企業統治)」をモデルとして教育現場に応用しようというもの。いじめ問題への対応や必須科目の未履修問題など、不祥事が相次ぐ教育行政の立て直しに向け、情報開示のあり方やチェック態勢の強化などを検討する。

 教育委員会制度の見直しは、国・文部科学省の関与の拡大や市区町村教委の権限強化が主な検討課題となる。現在、都道府県教委が保持している教員の採用権限を市区町村や学校長に移譲することの是非を含め、学校現場の権限強化についても議論する方向だ。

 また、指導力も知識も不足している「問題教師」に対する対応は厳格化する一方、優秀でやる気のある教員の意欲をさらに高める施策も検討していく。

 再生会議内部では、教員免許更新制に関し、有効期限を一律10年とした7月の中央教育審議会の答申に関し、「実効性が担保できない」との批判が根強い。教員の試用期間についても「1年から3年に延長すべきだ」との意見が出ており、教員の養成、任用の抜本的改正は、こうした議論を踏まえて検討される。

(11/14 02:02)
スポンサーサイト
  c:1  t:1   [太刀持ち荒勢]
comment

最近の報道を見ると、教育界がとんでもないことになっているという強い懸念を抱きます。また、フリーライド・ボン・安倍ちゃんが市井の人々の気持ちや公立学校の実態を理解して、教育改革を行えるのか、更に強い不安を持ちます。
by: ムサシ | 2006.11.14 12:19 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/332-2e96ccab
池田/池田

出会い系サイトでゲット率を上げるには、多くの出会いサイトに登録して出会いのチャンスを作るのがコツ! 無料の出会いサイトに今すぐ登録してメールを送りまくろう!! たくさん登録すれば出会える確率も大幅アップ! 無料で出会うためのお勧め情報OL、主婦、学生・・・..

兵庫で出会いGo!Go!  2006.11.14 09:18
困りました| HOME | まさに日本の象徴です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。