スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
腐っても米国
 2006.11.11 Sat
極東国家に比べ、民意が成熟していることは否めません。

==============================

2006-11-10T112806Z_01_NOOTR_RTRJONP_2_JAPAN-235678-1-pic0-small.jpg


米上院選で民主党過半数確定、大統領は民主党下院指導部と会談 (ロイター)

[ワシントン 9日 ロイター] 米中間選挙で接戦になったバージニア州上院選で、共和党のアレン候補が敗北を認めた。これにより民主党は上院での過半数獲得が確定した。民主党が上下両院を制するのは12年ぶり。
 同州選挙管理委員会によると、投票総数は約240万票で、アレン候補と民主党のウェッブ候補の得票差は9000票弱だった。
 多数党として民主党上院院内総務となるリード議員は「選挙は終わった。今は変革の時だ」と述べた。
 民主党は下院で約30議席を獲得し共和党に大差をつけ過半数を制したが、接戦となった上院ではバージニア州のウェッブ候補とアレン候補の争いの行方が結果を左右するカギとなっていた。
 共和党のアレン候補は「争いを長引かせることでさらなる恨みを招くことは望まない。そんなことをしても結果は変わらないと判断した」と語った。
 民主党の上下両院での過半数獲得を受け、ブッシュ大統領と下院の新指導部は、相違点の存在を認めたうえで、イラク問題などで協力して取り組んでいく方針を示した。
 ブッシュ大統領は、下院議長に就任する見通しのペロシ民主党院内総務や、ホイアー同副院内総務らと会談し、中間選挙が終わり、米国が抱える問題に真剣に取り組むときが来たと強調。「われわれはすべての問題で合意することはないだろう。ただ、米国を愛する気持ちは同じで、米国の将来を気にかけ、深刻な問題の解決に向け最善を尽くすという点では意見が一致している」と述べた。
 一方、ペロシ氏は「大統領と信頼醸成に向けて協力していく。われわれの相違点を認識し議論を重ねていくが、米国民に利益をもたらす方法で行っていく」と強調した。 [ 2006年11月10日11時27分 ]



スポンサーサイト
  c:1  t:0   [みなみ]
comment

何より中間選挙であらためてびっくりしたのは議員数の少なさ。
日本より人口も多いのに上院で100人下院で435人。
間違っても変なイロモノが混じってこなさそうです。
by: しんちゃう | 2006.11.12 21:24 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/327-af385d48
稚拙なスポーツジャーナリズム| HOME | 平成のゲッペルス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。