スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
手紙
 2006.11.10 Fri
手紙 (文庫)
東野 圭吾 (著)

今朝のマルガリッタさんの秀逸な発表に心打たれて、母親に手紙でも書こうかと思いましたが、書く事が無いので止めました。

代わりに以前からちょっと興味があった東野圭吾氏の「手紙」を読んでみようと思っています。

これは、強盗殺人犯の獄中の兄から届く手紙をその弟が恨みがましく思いながらも心の葛藤が生じるという、人の絆について考えさせられるものだそうです。

今月から松竹系で映画も封切られます。

しんちゃう
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [ブック☆レビュー]
comment

以前、「ラブレター」という題名の小説&映画があった記憶があります。ワタクシは「ラブレター世代」です。当時、携帯電話(メール)なるものが存在すれば、ワタクシたち世代の恋愛形態も変わっていたと思います。
by: ムサシ | 2006.11.11 22:47 | URL | edit

岩井俊二の『ラブレター』私は好きでした!
by: maru | 2006.11.12 20:56 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/325-430db9a7
平成のゲッペルス| HOME | 週休2日確保し導入 労働時間規制見直しで厚労省が新案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。