スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
北海道で「竜巻」 9人死亡、23人重軽傷
 2006.11.08 Wed
竜巻の力恐るべしです。
しょせん人間は自然を克服できないのです。
地球上で我がもの顔に振舞う人類はもう少し謙虚になるべきです。

-------------------------------

tatsumaki

北海道佐呂間町で竜巻、9人死亡・21人重軽傷。雨が降る中、警察犬による懸命な捜索が行われた=7日午後9時半、北海道佐呂間町(撮影・奈須稔)

 7日午後1時半ごろ、北海道佐呂間町若佐の新佐呂間トンネル工事現場付近で竜巻とみられる猛烈な突風が発生し、工事事務所兼宿舎などを吹き飛ばした。北海道警によると、倒れた建物の下敷きになるなどして工事関係者9人が死亡、23人が重軽傷を負った。うち1人は意識不明の重体。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。溝手顕正防災担当相を団長に、関係省庁職員で構成する政府調査団を現地に派遣した。

 佐呂間町役場によると、突風による建物などの被害は幅約100メートル、長さ約1キロにわたっている。気象庁によると、北海道のオホーツク海側は寒冷前線の通過に伴い、大気の状態がかなり不安定になっていた。発達した積乱雲が原因で上昇気流の竜巻が発生した可能性があるといい、気象庁は詳細な調査が必要としている。竜巻と確定すれば、統計のある昭和46年以降では、死者3人を出した今年9月の宮崎県延岡市のケースを上回る過去最悪の被害となる。

 トンネル工事は、大手ゼネコン「鹿島」など3社でつくる共同企業体(JV)が請け負い、3社や下請け会社の作業員らが働いていた。鹿島によると、工事関係の各社が打ち合わせをしていた事務所兼宿舎の2階と、そばにある事務所兼宿舎の2階が吹き飛ばされた。鹿島の川合勝副社長は8日に現地入りする。

 工事関係者のほか住民にもけが人が出ており、計5カ所の病院で手当てを受けた。

 現場周辺では、プレハブの建設事務所や宿舎が吹き飛ばされたほか、民家が損壊し、住民ら約60人が近くの武道館に避難。陸上自衛隊が毛布約400枚を届けた。

 北海道庁のまとめでは、佐呂間町内で全壊33棟、半壊8棟、一部損壊21棟の建物被害が出た。電柱も道路に倒れ、電線が垂れ下がり、北海道電力北見支店によると、佐呂間町と北見市の一部で計631戸が停電した。

 札幌管区気象台によると、佐呂間付近は6日夜から大雨や雷、強風の注意報が出ていた。

(11/08 02:08)
スポンサーサイト
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

このような不慮の事故の知らせを聞きますと、人生のはかなさを強く感じます。亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
by: ムサシ | 2006.11.08 23:08 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/320-01d68da8
アブナイ安倍ちゃん| HOME | これが事件になるとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。