スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
戦後首相評価、1位吉田茂・2位小泉首相…読売調査
 2006.11.01 Wed
小泉さんはまだ記憶が生々しいのでかなり上位ですが、強いインパクトがあったのは間違いないでしょう。

さて安倍ちゃんは退任した後、どのくらいに位置づけられるでしょうか。まさか「宇野総理」(かなり下位だと思われる)を下回ることは無いと思いますが。。。

---------------------------------------------------------------

 読売新聞社の「ポスト小泉」に関する第3回ネットモニター調査で、戦後の歴代首相の中で誰を評価するか(複数回答)を聞いたところ、戦後の混乱期にリーダーシップを発揮した「吉田茂」が44%で最も多かった。現職の「小泉純一郎」が41%で2位。

 3位はロッキード事件で逮捕されたものの、実行力と庶民性で人気の高い「田中角栄」の36%だった。

 以下、「中曽根康弘」30%、「佐藤栄作」25%、「池田勇人」18%、「岸信介」13%、「三木武夫」12%などの順。

 吉田元首相については、在任中に日本の進路として選択した「軽武装・経済重視」路線が現在の日本にとって良かったかを聞いたところ、72%が「そう思う」と答えており、こうした点が高い評価につながったと見られる。

 性別や年齢別に見ると、男性や高年齢層で「吉田茂」がトップ。一方、女性や若年層は小泉首相を挙げる人が最も多かった。

 田中元首相の存在が現在の日本にとって、プラス面とマイナス面のどちらが多かったかでは、「プラス面」が53%で、「マイナス面」39%を上回った。プラス面を挙げた人を支持政党別で見ると、民主支持層では59%で、自民支持層の54%を上回った。

 田中元首相は、首相辞任後もキングメーカーとして政界に大きな影響力を持ったが、現在は、田中派の流れをくむ竹下派、橋本派と対立した小泉首相が自民党総裁になっている。

 一方、田中元首相に寵愛(ちょうあい)された小沢一郎氏が民主党を率いており、民主支持層が自民支持層よりプラス面を挙げる人が多かった一因との見方もできそうだ。

(2006年9月2日20時49分 読売新聞)
スポンサーサイト
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

今、米国では中間選挙の真っ盛りです。民主党が相当、優位らしいです。米国は独善的で好きではないですが、このようなバランス感覚は一党独裁が続く極東の国も見習うべきところではあると感じます。
by: ムサシ | 2006.11.02 18:19 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/308-4b58963c
◆緊急告知◆臨時アポジェやります| HOME | ハイキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。