スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
今日は何の日
 2006.09.20 Wed
日本国の何とかという政党で、空虚な総裁選挙が行われたらしいです。浅野史郎前宮城県知事も最近の朝日新聞にコラムを寄せたように、「与党の総裁選挙で勝利した人が、そのまま内閣総理大臣になるのはおかしい。衆議院を一度解散し、民意を確認した上で、内閣総理大臣となるべきだ。」との意見にまったく同感です。単なる政治家の集合体である政党が勝手に代表者を誰に決めようが構わないですが、そのまま内閣総理大臣になるというのは腑に落ちません。もっとも「ゆりかごから墓場まで」よろしく「小学校から政治家まで」フリーライドな人生を歩んできた「再チャレンジ」新総裁にはピッタリの仕組みかもしれませんけどね。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [みなみ]
comment

私は全く逆の説です。
日本人に元首を直接選挙、またはそれに類する方法で選らばせると、人気投票になってしまい、それこそ妻夫木とか新庄とかになってしまいそうです。
案外不透明なやり方の方が日本には合っているのではないかと思います。
by: しんちゃう | 2006.09.21 08:30 | URL | edit

ワタクシは元首の直接選挙について、明快な考えを持っておりませんが、直接選挙はほしのあきにも総理大臣のイスをもたらす危険性がありますね。浅野さんの考えは「自民党総裁が変わる、即ち総理大臣が変わるのであれば、衆議院を一度解散し、総選挙を行った上で、その結果の与党の代表者が総理大臣になるべきでは、ないか」というものです。つまり、安倍ちゃん率いる自民党を総選挙で、国民が支持すれば、安倍ちゃんが総理大臣になる、という方がより自然だと思います。
by: ムサシ | 2006.09.22 12:24 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/289-cf676cfd
うれしさも中くらいなり・・・| HOME | 久々に聴いてみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。