スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
128億8千万光年、最も遠い銀河発見 すばる望遠鏡
 2006.09.14 Thu
utyuu

2006年09月14日06時26分
 地球からの距離が約128億8000万光年と、これまでで最も遠く離れた銀河を、国立天文台や東京大などの研究チームが発見した。ハワイにあるすばる望遠鏡で観測した。約137億年前のビッグバンで誕生して間もない宇宙の様子をとらえたことになり、宇宙の進化の研究に役立つという。14日発行の英科学誌ネイチャーに発表する。
発見された最も遠い銀河(矢印)=研究チーム提供


 従来、最も遠いとされていたのは、すばる望遠鏡が05年にとらえた銀河で、距離は約128億2500万光年だった。今回、その記録を6000万光年ほど更新した。

 研究チームは誕生したばかりの恒星の周囲にあるガスが熱せられて出す光をたよりに観測。かみのけ座の一角で新しい銀河を発見したという。

 研究チームの家正則・国立天文台教授(銀河物理学)によると、これまでの研究結果からの予想では、周辺に銀河が6個ほどあると見込まれていたが、1個しか観測できなかった。6000万年ほどの間に、宇宙空間の様子が変わった可能性もあり、家教授は「この時代の宇宙がどんな状態だったのか、さらに観測を続けたい」としている。

----------------------------

宇宙の摂理の解明がもう少しです。。。(うそ)

スポンサーサイト
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

128億8000万光年。想像もつかない値です。ワタクシは「一日一生」で過ごします。
by: ムサシ | 2006.09.14 19:40 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/283-4c2bc598
井川伝説~阪神タイガース~| HOME | 内村鑑三先生とマツイ選手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。