スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
やはり・・・
 2006.05.21 Sun
誤解を恐れずに申し上げれば、現職総理大臣殿の「空っぽさ」とワタクシのそれを比較すると、なるほど首相殿の方が、さすがに、充実していると認めざるを得ません。でも「五十歩百歩なんじゃないのぉ」との疑念が沸いてしまうほどのお人です。新渡戸先生のようにコールド負けはしないんじゃないかと、思ってしまいます。いずれにしろ、しがない会社員が彼を責めることはできません。しかし、ワタクシは普通の会社員で、彼とは担うべき責任が違います。そんな人が、日本国で最も権力を持っていて良いのでしょうか??更に次期総裁候補の一番手と言われるアノお人は、どう見ても、アイスクリームが好きなだけのイメージ先行の「カラカラ君」あるいは「おぼっちゃま君」だと思います。末恐ろしい世の中です。
===============================================================
党首討論 小泉完敗 (ゲンダイネット)

きのう(17日)の党首討論で浮き彫りになったのは、民主党の小沢代表と小泉首相の“頭の差”と“格の違い”だ。教育論争を仕掛け、歴史認識や深い議論を引き出そうとした小沢氏に対し、首相はいつも通り、揚げ足を取り、論点をはぐらかすのに精いっぱいだった。
 民主党の代表としては初の党首討論になる小沢氏は、本論に入る前、医療制度改革法案の強行採決に触れ、「この法案が1週間や10日遅れたところで、どうということはない」と審議を打ち切った政府のやり方を批判した。小泉首相は「十分に慎重にやるのは賛成」と応じたが、小沢代表に「強行採決したばっかりで賛成といわれても困る」「在任期間から言えば(首相は)大宰相に列せられる資格を得ている。あとは中身の問題だ」と切り返され、タジタジになった。
 これが先制パンチとなったのか、本論の教育行政の問題に入っても、小泉首相はトンチンカンだった。
 小沢氏はまず、「信じられない事件ばかりが続発している」「戦後の仕組みや制度にゆがみや矛盾があるのではないか。それが世の中の現象になって表れているのではないか」と切り出した。
ところが首相は、「戦後の日本は平和のあり方を考え、自由と市場経済と民主主義の基本理念でやってきた。アフガンでもイラクでも、一発のピストルも撃っていないし、一人も殺していない」と脱線した。
 質問の意図を理解していない様子なのだ。
 小沢氏が「一番の問題は教育。戦後の教育では、教育行政の問題だ。教育の責任はどこにあるのか」と行政のあり方を糾(ただ)すと、小泉首相の発言はさらに怪しくなる。
「一番は親にある。しっかり抱いて、そっと下ろして歩かせる。これが教育の原点」と、持論のウケ狙いの“教育論”でごまかしたのだ。小沢に再度、突っ込まれても「まず文科省、そして地域の教育委員会にも、それぞれ責任がある。教師と子供が信頼関係をつくるのも重要」と薄っぺらい答弁。
 今の法律では、教育の責任は市町村の教育委員会にあると定められている。文科省は指導助言だけだ。小沢氏は「責任の所在がハッキリしていない。文科省に責任はないのに、実際は文部官僚が権限を持っている」と教育行政の問題点をあぶり出し、「われわれは制度をきちんとしなければならないと主張している。与党の教育基本法改正案には、そういう歪んだ教育行政を是正するという視点がない」と批判した。
 これには小泉首相も返す言葉がなかった。「教育委員会と文科省の指導、助言のあり方。難しい問題はありますが、国としてはすべての子弟に教育の機会を与えること」「民主党の対案も協議しながら、委員会審議を進めていきたい」と答えるのが精いっぱいだった。
 この日は最初から最後まで小沢ペース。討論後の会見でも小沢氏は「(総理は)よくお分かりにならなかったんじゃないかな、私の質問を。基本的な勉強をもう少ししていただければいい」と語ったが、本当だ。「郵政民営化」以外には関心がない小泉首相は、与党の改正案も頭に入っていないという。これじゃ、討論にならないのも当然だ。
 小泉政権発足前夜、首相の盟友の山崎拓前副総裁が、「君たちびっくりするぞ。30年国会議員をやっているのに、彼は政策をほとんど知らん。驚くべき無知ですよ」と言ったそうだ。得意なのは歌舞伎とオペラくらい。今さら勉強しろと言ってもムリかもしれないが、こんな人が5年間も政権を担ってきたのだから恐ろしくなる。【2006年5月18日掲載記事】

スポンサーサイト
  c:1  t:0   [みなみ]
comment

やはり一番悪いのは、迎合マスコミと不勉強な一般大衆です。
見かけやブームにころりとだまされてしまいます。

アポジェメンバーは物事の本質を見極める目を養いましょう。
by: パニやん | 2006.05.22 07:56 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/248-ceb7215f
困ります| HOME | パッとしません
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。