スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
王監督
 2006.05.01 Mon
朝日新聞さまの2006年4月29日付け別紙「be on Saturday」に興味深い記事がありました。「フロントランナー」というコーナーのインタヴュ-から抜粋します。
・戦後の焼け跡で野球の手ほどきをしたのは、慶大医学部の野球チームの主将で4番打者の王鉄城さん、10歳上の兄である。早実のエースで4番バッターの弟が試合に勝った瞬間、グラブを放り投げて喜ぶと「相手のことも考えてやれ」と諌めた人である。巨人に入ってホームランを量産しても、派手なガッツポーズや勝ち誇った態度を見せることは、まずなかった。
・記者-(WBC)アメリカ戦では、ひどいジャッジがありましたね。
王さん-野球の宗家のアメリカであれはいけません。抗議をしても判定が変わらないことはわかっていても、いうべきことをいわないのでは、アメリカのためによくないでしょう。しかも国際政治の世界でも「横暴だ」といわれているときですから。
・日本と日本人についての王さんのコメント
「四季の美しさは一番でしょう。体は小さくても、和と創意工夫で今日の地位を築いたところが素晴らしいと思います」
================================
王さんの国籍は中国です。弱者、敗者を思い遣る心、四季を感じる繊細な感覚など、日本人以上に日本人の心を持っています。また、国際感覚も鋭いです。借金ばかり作っているくせに、意味不明の外遊とやらに行かれているどこぞの国の総理大臣殿とはその品格の高さに雲泥の差があります。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [みなみ]
comment

王さんは、中華民国(台湾)国籍です。
選抜の優勝投手でありながら国体で当時は投げられませんでした。お母さんが日本人なので簡単に帰化が出来るのですが、苦労したお父さんのことを思い、帰化しないそうです。
しかし、日本代表監督を務め、日本を愛する気持ちは人後に落ちません。
日本国籍を持っていても、日本のことをいたずらに卑下する奴らもいます。
国籍は関係ないですね。
by: パニやん | 2006.05.07 22:14 | URL | edit

王さんの国籍は台湾でしたか。この記事では「国籍は中国」となっていたので、失礼致しました。朝日新聞さまは台湾を認めていないのでしょうね。
by: ムサシ | 2006.05.08 08:22 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/238-930d1b22
連休が終わります| HOME | 冷吟閑酔(れいぎんかんすい)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。