スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
朝日新聞さまに抗議しました
 2006.03.04 Sat
驚きました。2006年3月4日(土)17時過ぎに、拙宅の玄関チャイムが鳴りました。ワタクシの住むマンションは来訪の場合、先ずマンション入口で来訪者は訪問先の部屋番号を呼び出し、住民は来訪者の様子をモニターで確認した上で、マンションの入口を開けます。とは言うものの、宅配便の配送で何戸にも配送先がある場合等は、とある世帯が、マンションの入口を開け、順次配送をする、ということもあります。今回もそんなもんだろうと思い、妻が対応すると「お届けものです」とのこと。よくある光景です。ところがどっこい、妻が玄関を開けると、なんと「朝日新聞さま」の勧誘ではないですか!そんでもって、よくあるビール券をあげるだの、1ヶ月間は無料だの、以前から不思議に思うのですが、新聞の営業は異常です。普通、営業であれば、商品の特徴や長所をアピールするのに、そういった説明は一切ありません。おまけに、何が「お届けものです」だ、と短気なワタクシは憤りましたので、出て行って、「朝日新聞なんて読みません」と玄関を閉めました。その後、朝日新聞東京本社の「販売もしもしセンター」に電話をし、事の顛末を話し、「もう二度と勧誘に来ないで欲しい」と抗議致しましたが、更なる驚きがありました。「販売店に言っておきます」との回答。「朝日新聞本社としての販売方針はどうなっているのですか?」と聞いても、「それは販売店の判断です」だそうです。数多の販売店を擁し、本社にて「再販価格制度」をキッチリ維持しておきながら、営業に関する問題は全て販売店だそうです。朝日新聞さまは「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」とのキャンペーンをされているからでしょうか、なるほど、勧誘に来ているのに、「お届けものです」というフレーズをご使用になるあたり、まさに「私たちは信じている、言葉のチカラを。」ですね、朝日新聞さま。いやはや。。。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [みなみ]
comment

新聞の強引な勧誘については、もう少し社会問題になってもいいと思います。
また大新聞社各社が「販売団が勝手にやっていること」と知らん振りなのもとんでもないことです。
by: 鉄サソリ | 2006.03.05 13:42 | URL | edit

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で紹介されていたので、見に来ました。またきますネ。ではでは(^^)ノシ
by: タヌキング | 2006.03.06 14:49 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/203-6cc42611
鶴喜のそば| HOME | にっぽん旅紀行~第2回 津和野~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。