スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
米国産牛肉輸入を停止 BSE危険部位が混入
 2006.01.21 Sat
全くあきれてものが言えません。
アメリカにおべっかばかり使う連中はどう思っているのでしょう。
アメリカという国は日本を舐めきってますよ。

---------------------------------------------------------------

 政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入しているのが確認されたため、米国産牛肉の輸入を再び全面停止することを決め、米政府に対して当面、停止措置を続けると伝えた。

 政府の昨年12月16日の輸入再開からわずか1カ月で安全確保のための前提条件が大きく揺らいだことになり、政府が対米関係に配慮して再開に踏み切った判断は、「見切り発車」との指摘もあったことから、拙速と厳しく批判されるのは必至だ。

 外務省の石川薫経済局長は20日夜、米国のズムワルト駐日米国公使(経済担当)と会談、米政府に混入の原因の報告を求め、報告があるまで輸入を停止すると伝えた。同公使は「こういうことを繰り返さないよう万全の措置を取る」と述べた。

 農水、厚生労働の両省によると、危険部位が混入していたのは、東京の商社が見本として空輸した牛肉。米アトランティック社(ニューヨーク市)が処理した牛肉で、計41箱約390キロのうち、3箱約55キロのブロック肉に、脊柱(背骨)が除去されないまま残っているのが、成田の農水省動物検疫所が行った目視検査で分かった。この米処理施設は両省の査察をまだ受けていなかった。同社の牛肉は全量焼却処分する。

 小泉純一郎首相は20日夜、中川昭一農相から輸入全面停止の報告を受けたことを記者団に明らかにした。小泉首相は「国民の食に対する安全・安心を確保するのは極めて重要。米国にしっかりとした対応を求めると報告があった」と語った。

 米国産牛肉の輸入は、脳などの頭部や脊髄(せきずい)、脊柱、回腸といった特定危険部位の除去や生後20カ月以下の牛への限定を条件に昨年12月に再開され、これまで見本を中心に約1500トンが輸入されていた。

 米国産牛肉の輸入再開をめぐっては、内閣府の食品安全委員会が科学的な見地から安全性を審査。昨年12月に、同委員会が国産牛肉との「リスク(危険性)の差は非常に小さい」として、輸入再開を容認する内容の答申をまとめ、これを受けて政府が再開を決めた。

 しかし消費者団体などからは「輸入再開を前提に議論が進められた」との批判の声が出ていた。(共同)

(01/21 00:38)

表

スポンサーサイト
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

ケーハク総理とBSE幹事長にとってはホリエモン問題と同様に責任問題です。顔ツヤの良いマエハラさんの追及に期待します。
by: ムサシ | 2006.01.22 00:47 | URL | edit

びっくりしました、再開して早々ですものね。
アメリカに馬鹿にされているのかと思うと、悲しくなってきます。。。
by: マルガリータ | 2006.01.23 06:39 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/160-2c4cfe4e
心の問題| HOME | ホリエモン捜索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。