スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
11年目
 2006.01.17 Tue
私はこのとき富山におりましたが、5:47に目が覚めました。
富山でも結構揺れました(震度3)ので震源地が兵庫だと聞いたとき、とてつもない地震ではないかと空恐ろしくなりました。

----------------------------
鎮魂と教訓、思い新たに…阪神大震災から11年
 6434人が犠牲になった阪神大震災から17日、11年を迎えた。激震のつめ跡が薄れ、10年を過ぎて各地で追悼式典が減る中、兵庫県は式典名称を「ひょうご安全の日のつどい」に変え、鎮魂とともに、震災の教訓の発信という使命を強めた。

 犠牲者の名前を彫った銘板が並ぶ「慰霊と復興のモニュメント」がある神戸市中央区の東遊園地では、夜明け前から、同市などが主催する「1・17のつどい」が営まれた。地震発生時刻の午前5時46分、犠牲者数と同じ数を並べた竹灯籠(とうろう)がおぼろげな光で「1・17」の文字を浮かび上がらせると、参列者らは一斉に黙とうをささげた。

 「ひょうご安全の日のつどい」は午前11時50分から、同市中央区のHAT神戸で開催。井戸敏三・兵庫県知事や、新成人と高校生らが教訓の伝承、安全な街づくりへの決意を述べる。

(2006年1月17日6時3分 読売新聞)
スポンサーサイト
  c:2  t:1   [太刀持ち荒勢]
comment

ワタクシはこの震災以降、つい最近まで毎朝、5時40分に起床しておりました。仮にこの地震がまた来たとしても、逃げられるように、との意識からです。当然、同規模の地震が同時刻に発生する事は、ありえないでしょうが、それほどの意識を持たせた大地震でした。神戸出身の楽天の三木谷社長はこの地震にショックを受け、人間の命は所詮は、儚いものだ、と、自分の夢を実現するために起業したそうです。
by: MRMT | 2006.01.17 11:36 | URL | edit

私の高校時代の友人が、震災当時、西宮市におりました。朝、彼が目覚めたのは「揺れ」ではなく「ゴォー」という唸るような低い音で飛び起きたそうです。地震により摩擦を生じた地殻が音を立てて、地面のエネルギーの伝達よりも早く空気中を音で伝わってきたのだそうです。その後で下から突き上げるような強烈な揺れが来たとのこと。地震のエネルギーのすさまじさを感じます。
by: 鐵蠍 | 2006.01.18 07:58 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/158-3d14aff2
本日1月17日は、阪神大震災から11年、風化させてはいけません

本日、1月17日は、阪神大震災、あれから11年・・・・・

「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!  2006.01.17 10:38
ホリエモン捜索| HOME | 書の至宝展 ~日本と中国~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。