スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
検定ブーム
 2006.12.24 Sun
いろいろな面白検定ブームですね。
焼肉検定とか漫画検定とかもあります。

アポジェ検定も入れてもらえるようがんばりましょう。

http://www.mainichikentei.jp/

私も最後の書き込みです。

皆さん、良いお年を。
スポンサーサイト
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
バ○殿
 2006.12.22 Fri
『「一身上の都合」との説明を13回繰り返した』、『自らの任命責任を問う質問にも11回「やむを得ない」を連発』。この様子をテレビでみてましたが、まるでオウムみたいでした。この程度の表現力、語彙力しかない首相殿をワタクシが「○カ殿」と呼ぶ所以です。さぁ、愚鈍な風貌の世耕さん、どうするのかな??

ということで、2006年最後の書き込みです。皆様、お世話になりました。よいお年を!!!
================================

本間税調会長辞任 安倍政権にまた打撃 (スポーツ報知)

 政府税制調査会の本間正明会長(62)が21日、事実上、更迭された。一部で報じられた愛人スキャンダルや公務員官舎に不適切な形で入居していた問題の責任をとり、辞任の意向を安倍首相に電話で伝え、了承された。安倍首相自らが起用した経済政策の目玉は、わずか1か月半で退任。支持率降下が続く政権の求心力低下は避けられない事態となった。
 安倍政権がまさかの女性スキャンダルで脱落者を出してしまった。本間氏をめぐっては、一部週刊誌が今月、都心の公務員官舎に愛人と同居していると報道。野党だけではなく、与党内からも辞任要求が強まっていた。
 大阪に自宅を持つ本間氏は、月3回程度の経済財政諮問会議のためだけに、03年から公務員官舎に入居。家族ではない女性と同居していたという。今月13日の釈明会見では、すでに官舎から退居していることを強調し「女性とは誠実に交際している。職務を全うしたい」と説明したが、騒ぎは収まらなかった。
 首相は「職務を全うすることで責任を果たしてほしい」とかばい続けてきたが、本間氏が会長にとどまれば、来年1月召集の通常国会での予算審議に悪影響が避けられないことから交代もやむを得ないと判断、事実上の更迭に踏み切った。
 本間氏は大阪大大学院教授。小泉政権下で、2001年から今年9月まで経済財政諮問会議の民間委員を務め、構造改革に取り組んだ。
 安倍首相に見込まれて、11月上旬に政府税調会長に就任。財務省寄りで増税志向が強かった石弘光前会長の続投を嫌った首相や塩崎恭久官房長官の強い意向で実現した“目玉人事”だった。
 首相はこの日夜、「一身上の都合」との説明を13回繰り返した。事実上の更迭に踏み切った理由や本間氏の責任、自らの任命責任を問う質問にも11回「やむを得ない」を連発。正面からは答えず、国民への説明責任を果たしたとは到底言えない対応に終始した。
 財務省案を拒んで実現した官邸主導による本間氏の会長起用人事が、わずか1か月半で失態を招いたことは、政権の大きなダメージになりそうだ。当初、本間氏をかばって問題を長引かせた首相の「決断力不足」も露呈。自民党内からも「官邸のチーム安倍はもはや金縛り状態」(ベテラン議員)と批判の声が上がっている。[ 2006年12月22日8時1分 ]


  c:1  t:0   [みなみ]
アポジェ版2006年5大ニュース
 2006.12.22 Fri
次のような結果になりました。

1位 WBCで日本が世界一        ( 3月) 25点
2位 北朝鮮が核実験           (10月) 12点
3位 イナバウアー            ( 2月)  9点
4位 プロ野球・松坂投手レッドソックスへ (12月)  8点
5位 中学校2年いじめを苦に自殺     (10月)  7点

  c:1  t:0   [アポジェについて]
もんのすごく欲しい・・・
 2006.12.19 Tue
我々が子供の時の憧れです。
欲しいです。
しかし、ロマンの無い妻に「冗談は顔だけにしろ!」と冷たく却下されました。。。

------------------------------

宇宙戦艦ヤマト、重さ2キロの大型プラモ 光る波動砲
2006年12月18日21時32分

 玩具大手のバンダイは来年1月27日に、74年に放映が始まった人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の大型プラモデルを発売する。アニメに登場するヤマトの350分の1という設定で、組み立てるのに10時間はかかるという。

 完成すると、全長76.6センチ、重さ約2キロ。付属のリモコンを操作すれば、艦首の「波動砲」を光らせたり、主砲を動かしたりできる。

 4万7250円(税込み)と高価だが、バンダイは「子どもの頃ヤマトにはまった30代、40代の男性が買ってくれる」とみて、来年度中に2万個の販売を見込んでいる。

yamato

バンダイが来年1月27日に発売する「宇宙戦艦ヤマト」の大型プラモデル
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
べんてん
 2006.12.18 Mon
benten


最近、高田馬場にある「べんてん」というお店でつけ麺を食べています。
マジに旨いです。
まず特筆すべきは麺。太くてボリューム(普通で350g)があり、その喉越したるや、「ズズズーッ」とすすればツルツルの喉越しと、芳醇な小麦の香りが胸いっぱいに広がります。食べた瞬間に「おおっ!!」と思わず唸ってしまいます。
スープも魚介と動物系が程よくブレンドされており、美味しいです。
つけ麺は人を幸せな気分にします。

BY しんちゃう
  c:4  t:0   [グルメ☆レビュー]
これで達成できるかな
 2006.12.17 Sun
『王様の速読術』斉藤 英治 (著)
20061217213345.jpg


去年から速読をやりたいとは思っていたものの、お金もかかるし本格的に始めるのはなかなか・・・と敬遠してましたが、こんなぴったりの本を見つけたので読んでみました。作者は医学博士の人で、独自の健康向上・能力開発・読書法などの研究をライフワークとしている方。いろんな企業の研修にも氏のメソッドが採用されているそうです。

作者は巷で取りざたされている速読術を片っ端から試してみた経験の持ち主。その中からだれでもすぐに実行できる方法を提案してくれているので、かなり為になりました。この本を読むと、気持ちがかなり楽になりました。(本を読んでてもすべてを理解しようとせずに、要所要所をうまく理解すればいいんだ!って。)

簡単に内容を説明すると、本を読む際に、先に制限時間を作るというのがその方法。

ここではすべてを語れませんが、簡単に速読を実践できるバイブルとして、末永く手元においておきたい一冊です。

by マルガリータ
  c:2  t:0   [ブック☆レビュー]
本、CDの整理
 2006.12.16 Sat
そろそろ始めようと思っています。ワタクシは実は無秩序が好きではないので、体系的に保管しようと思っています。しかし、結果として混沌としています。
  c:2  t:0   [みなみ]
市民に感動与えた…カープ黒田投手に「広島市民表彰」授与へ
 2006.12.15 Fri
私が今年一番感動したことは、実はこれなのです。

-------------------------------

 広島市は15日、プロ野球広島の黒田博樹投手に「広島市民表彰(市民賞)」を授与すると発表した。中心投手としてチームをけん引し、今季も最優秀防御率のタイトルを獲得。市民に感動を与えたことが評価された。表彰式は20日に広島市役所で行われる。

(2006/12/15 18:17)
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
以前から気になること
 2006.12.15 Fri
立錐の余地もないほど混雑した電車の中で一生懸命に日本経済新聞を読んでいらっしゃる方がおります。そんなに状況判断能力のない方が、そこで得た情報のどれだけをカイシャ生活あるいは私生活で活かせるのでしょうか、と余計な心配をしてしまいます。
  c:1  t:0   [みなみ]
今日は何の日?
 2006.12.14 Thu
今日(12/14)は赤穂浪士が吉良邸に討ち入りを果たした日です。
泉岳寺では下記のようなイヴェントをやっているようです。
会社帰りに寄ってみてはいかがでしょうか。

------------------------------

泉岳寺 義士祭
(せんがくじ ぎしさい)

開催日: 2006年12月14日
7:00~21:00

開催場所: 東京都 泉岳寺
料金: 参拝無料、赤穂義士記念館は大人500円、中高生400円、小人250円
主催者: 泉岳寺

問い合わせ先: 泉岳寺 03-3441-5560

内容: 赤穂義士ゆかりの寺・泉岳寺で行われる義士祭。墓前供養や献茶式が行われます。また、近隣の有志らが赤穂義士に扮し、泉岳寺周辺を練り歩きます。

http://local.yahoo.co.jp/static/event/a113/37357.html
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
みのもんたさん
 2006.12.14 Thu
以前はその風貌に「しつこい」という印象を持ち、あまり好んではおりませんでしたが、朝の番組の司会を務めるようになってから、好印象を持っています。なぜなら、決して若くはない年齢なのに月曜日から土曜日まで祝祭日も関係なく毎日、早朝の番組に出演している姿に、励まされます。ワタクシも負けてならないと思うのです。
  c:1  t:0   [みなみ]
ビジネス街で早起きブーム 趣味、人脈作り…
 2006.12.13 Wed
産経新聞より。
何だか、アポジェってすごく良いことのような気がしてきました。

------------------------------

dansu

朝エキスポのイベントで開催されたフラダンスの講習会=東京・丸の内(撮影・村島有紀)

 「早寝早起き朝ごはん」はビジネス街から-。東京都内で“朝”をテーマにしたイベントが相次いで開かれている。丸の内で11月に午前7時台からのイベントを企画したところ、延べ1000人を超える人々が参加するにぎわいを見せた。背景にあるのは、通勤ラッシュを避けて朝を有効に使う発想だが、社会全体の生活リズム改善につながる可能性を秘めている。(村島有紀)

運動も、勉強も

 24万人が働くビジネス街、東京・丸の内で11月13日から9日間、始業前の“朝”を有効に使おうという午前7時からのイベント「朝エキスポ」が開かれた。

 ヨガやウオーキング、フラダンスなど体を動かすイベントと、行動科学専門家や宇宙飛行士などによるトークライブ、レギュラーコーヒーのいれ方講座など。インターネットのウェブ上で参加者を募ったところ、延べ1100人が参加し、ほとんどの参加予約が数日で埋まる人気ぶりだった。

 フラダンスに挑戦した会社員(36)は「電車が空いていてよかった」。歯科助手の水代由美さん(28)は「すごくさわやか。小学生のときの夏休み、ラジオ体操に参加したころを思いだした」と話す。

 朝エキスポ企画者の一人、古田秘馬さん(31)は「自分に打ち勝って朝早く起きたという高揚感もあり、夜のイベント以上の一体感と満足感が生まれている。人脈を広げるビジネスツールとしても“朝”は有効」と話す。すでに来年の第2弾も検討中という。


朝ごはんも…

 通勤ラッシュに、もまれることなく早朝から運動し、しっかりした朝食をとって出勤すると“得”した気分になるのも確か。文具メーカー「コクヨ」(大阪)のウェブサイト「朝の達人」には、普段より1時間以上早い電車に乗って、会社の近くの喫茶店に入り、朝食を食べながら新聞数紙を読めば、普段よりも充実した一日になるとある。

 コラムニストの「イシコ」こと石原英一さん(38)は、幼い時からの朝型人間。夏でも冬でも午前4時か5時ごろ起きる。朝日を見るのが好きで、散歩をしたり、ブログを書いたり、朝食を食べたり、映画を見たり…。昼寝をするのも午前中だ。「昼寝から起きても、まだ明るいから得した気分になる。ひきこもりのような生活をしていても、太陽を見る時間が長いほうが、人間は前向きになれる」と早起きの効用を説く。

 “早起き”はクリスマス・イベントにも広がっている。東京・表参道のスパイラルカフェ((電)03・3498・5791)では23日と24日、営業時間を1時間早め、午前10時から1日100食限定(予約制)の「クリスマスモーニングブランチ」を企画する。

 “シドニーのエッグマスター”と呼ばれるビル・グレンジャーさんが、スクランブルエッグなど卵料理を提供する。夕方から夜にかけてのデートが定番のクリスマスを、午前中から楽しめるようにという狙いだ。


子供にも影響

 遅寝遅起きなど、子供の生活リズムの乱れが、成長や健康に悪影響を及ぼしているが、生活が乱れる原因の一つは、親の生活リズムに子供を引きずりこんでいることだ。

 就職後、残業や夜の付き合いに追われ、朝はぎりぎりまで寝て、朝食抜きという習慣を身につけ、子供の誕生後も改善できない大人が多いのではないだろうか。

 規則正しい生活のためには社会全体の取り組みが必要-と東京都では16日に都民や企業、地域社会とともに「子どもの生活習慣確立東京都協議会」を設立する。同日、都庁で設立記念フォーラムも開催される予定で、担当の大西淳子さんは「ふれあいのために親子で朝散歩するのもいい。まずは家庭内での見直しを呼びかけるが、いずれは企業にも協力を呼びかけ、働き方の見直しを提案したい」と話している。
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
公と私
 2006.12.13 Wed
年末の雑感です。

今朝、満員電車の中で化粧をする女性がいました。
周りはみんな迷惑しているのに素知らぬ顔です。
厄介なのは、本人が微塵も迷惑をかけているつもりが無いことです。

このように「公(おおやけ)」と「私(わたくし)」を意識しないどちらかというと「私」だけの人が増えてきて久しく思います。

日本は古来から公と私の区別を明確につけ、とりわけ公に重きを置くことで社会秩序を保ってきました。
これは、はっきりとした四季があるという独特の日本の風土が厳しい自然環境を作り出し、稲作が共同生活の中心であった先人たちが集団で必死に自然と共存して身につけたことではないか、と思っております。

吉田松陰は、頬に止まったハエを手で追っただけで叔父からボコボコに殴られました。ハエを追う行為は自分の不愉快を第一にする「私」である、常に国家民衆のことを考える「公」の人間であれ、ということです。
また、戦時中には「欲しがりません。勝つまでは。」というスローガンもありました。
以上は極端な例ですが、日本の文化のいたるところに「公」を大事にする日本人の気質を見て取れます。

そのような「公」が否定され始めたのは、昭和21年以降の学制改革以来です。戦争の悲惨な体験から、「国のため」「天皇のため」というフレーズと「公」はイコールの意味に解釈され、「公」を重んずることは学校教育の中でタブーになってしまいました。
ところが現実的には「自分さえ良ければそれでいい」という考えがはびこってきたわけです。

「公」が消えかかっている日本では、特に若者が政治に関心を持ちません。
歴史を学び、日本の「国柄」にマッチした政策を国内で真剣に議論していないのです。
やもするとアメリカの押し付け政策だけを対象に賛成だ、反対だ、と喚いているに過ぎない気がいたします。
つまり日本は今や国としての主体性を喪失したといっても過言ではありません。
国に誇りをもてない国民は、周辺国に対しても、極端に強気な態度を取る者がいる一方で国益を無視してまでも卑屈なまでに自虐的な志向を持つ者もいます。
結果、国の中心に強い磁力を持たない日本は外交面でも常に国論が割れてしまい、外国の嘲笑を受けています。
それどころかパワーバランスで外国に良いように利用されているのです。

「アメリカに右へ倣え」だけの政策、または「何でも反対」では日本はいずれ世界でその存在意義を失うのです。

このままでは、国が滅ぶのが目に見えるようで非常に憂鬱です。
先人が艱難辛苦の上、築きあげてきたこの国が、アメリカのグローバリズムでもなく、中国の覇権主義でもなく、その前に自ら崩れ去るのかもしれません。
しかも崩壊は分からないうちにゆっくりと、そしてある日突然やってくるわけです。
  c:2  t:1   [太刀持ち荒勢]
 2006.12.13 Wed
今年を漢字一文字で表すと「命」だそうです。高度情報化社会で何もかもが仮想化され、消費され、再生されてしまいます。そのため、「命」も軽々しく扱われてしまう事件が多く、嘆かわしいことです。ワタクシがパソコンが苦手な理由です。。。(本当か?)
  c:1  t:0   [みなみ]
何度も観ました
 2006.12.12 Tue
ひょっとして以前にも書き込んだかもしれません。

まさにバブル期のスキーブームのきっかけとなった映画です。
最近はめっきりスキーをしなくなりましたが、20代の頃はこの季節になると繰り返しこのビデオを観て気分を高めてスキーへ行っておりました。

ゴルフでマル○リータに惨敗したこともあり、足腰を鍛えにこの冬はゲレンデに向かってみようかな。


◆私をスキーに連れてって
出演: 原田知世, 三上博史 監督: 馬場康夫

suki

  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
小泉前首相の秘書官、本を出版 政権の5年5カ月つづる
 2006.12.12 Tue
小泉政権下で隠然とした権力を発揮した飯島氏。
興味があります。
お正月休みに読もうかな、と思っています。

-------------------------------

2006年12月12日08時39分
 小泉前首相の政務秘書官を務めた飯島勲氏が、小泉政権の5年5カ月をつづる「小泉官邸秘録」(日本経済新聞社)を出版した。02年の最初の訪朝の直前、小泉前首相が金正日総書記に親書を出し、北朝鮮側から肯定的な反応があったことで「早期の日朝首脳会談開催のメドが立った」と明かしている。

 飯島氏は小泉政権下の主な出来事を側近の立場から振り返り、首相の資質や官邸主導のあり方などについても記述。小泉氏が「トップダウン」の政治手法を取ることができるように、首相秘書官や参事官らで首相直属のチームを編成し、首相が毎日テレビカメラを通じて国民に直接語りかける手法を編み出した経緯なども描いている。
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
誤った師走の解釈
 2006.12.12 Tue
今朝の通勤時に、横断歩道ではない場所で道路を道路を渡っていたら、もうスピードでタクシーが突進してきて、危うく「通災情報」に載るところでした。これまた通勤時に、自動車がT字路で、右折しやや広めの道路に出ようとしていたら、その広めの道路をトラックが突進してきて、右折してきた車に危うくぶつかりそうになっていました。いずれも、遠くから歩行者や右折者を認識できているにもかかわらず、なぜそのように突進してくるのか、理解ができません。狭量な人間が多くなってきた気がします。
  c:1  t:0   [みなみ]
39年前の今日
 2006.12.11 Mon
佐藤栄作首相が「非核三原則」を表明したようです。40年近くなると、空気が緩んでくるのは、東西統一後の初代ドイツ連邦共和国大統領として知られるリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが、「荒れ野の40年」と題する演説を、ドイツ敗戦40周年の1985年に行っている事からも伺えますます。 何故(なぜ)、10年、25年、50年でなく、敗戦40年に式典を執り行うのか。それは、10年を1世代とする人類にとって40年とは、当時の情況や体験を語り尽くせる人々が数少なくなるに“充分”な程に長い歳月であるからだ。であればこそ40年目の今、私達は心に刻み続けねば、と。。。首相のみならず、「フリーライド」な二世議員の面々が、永田町を牛耳る我が国には、この深遠な哲学は理解されないのでしょうか。
  c:1  t:0   [みなみ]
年末です
 2006.12.09 Sat
ワタクシは毎年この時期になると、歯科医院に行き歯の掃除をしてもらっています。今年は今日行きました。きれいさっぱりです。また、依頼していた年賀状の印刷も今日出来上がってきました。こんな感じで、あっという間に今年も終わるのでしょうね。
  c:2  t:0   [みなみ]
年間ヴェストセラー
 2006.12.05 Tue
今年の年間ヴェストセラーが発表になりました。
アポジェでも話題になった本も多いです。
いよいよ年末ですねえ。

----------------------------------------------------------

<年間ベストセラー>1位は「国家の品格」 総合部門で
 書籍取次大手のトーハンは5日、06年の年間ベストセラーを発表した。単行本、新書などを合わせた総合部門は1位「国家の品格」(藤原正彦著)、2位「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(J・K・ローリング著)、3位「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(リリー・フランキー著)など。(毎日新聞)

⇒詳しい順位 http://www.tohan.jp/tohan-news/06-12-05.html
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
グッバイ!サカモト氏
 2006.12.03 Sun
日本のポップスをあれだけ否定していたサカモト氏が、日本ポップス界の権化「エイベックス」と手を組むとは聞いて呆れてしまいました。「自公連立」を思わせる思想、あるいは理念なき野合はまさか高校時代の「戦友」塩崎某官房長官が「日米安保闘争を白々しく見ていた」安倍ちゃんと手を組んだことに影響されたわけではないでしょうね。金輪際、彼の音楽は聴かないことにしました。

===========================================================

38696_1.jpg


坂本龍一とエイベックス、新レーベルを共同設立
 
エイベックス・エンタテインメントとキャブは11月6日、新レーベル『commmons(コモンズ)』を設立し、同レーベルの開発を共同で行うことを発表した。
このcommmonsとは、坂本龍一(キャブ所属)をはじめとするアーティストが、音楽の新たな可能性を模索すべく、エイベックス・グループとともに設立した新プロジェクト。「think global,act local」を合い言葉に、エコロジカルな視点を持ち、社会・文化貢献を目指す新しい音楽コミュニティーとして、アーティスト/クリエイター、音楽産業、ユーザー/リスナーのよりよい関係を作るための「共有地(commons)」となることを目的にするという。
 レーベルロゴは、共有地(commons)の中心に音楽(music)が存在し続けることを願って、3つの「m」の『commmons』と名付けられている。
( 11月06日 20時00分)

  c:1  t:0   [みなみ]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。