スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
冷吟閑酔(れいぎんかんすい)
 2006.04.28 Fri
>さりげなく詩を口ずさみ、のんびりと酔う、という自由で気楽な暮らし。(白楽天)

GWはこのような生活を送りたいと思います。
みなさん、良い休暇を!
スポンサーサイト
  c:3  t:0   [獅子太郎]
5月~8月のスケジュールを掲載します
 2006.04.28 Fri
0605

  c:2  t:0   [活動スケジュール]
やりきれない・・・
 2006.04.27 Thu
伏見・認知症の母親殺害事件 介護者SOS見逃さないで社会報道部・山本旭洋

 京都市伏見区の桂川河川敷で2月1日、近くの無職片桐康晴被告(54)=承諾殺人罪で起訴=が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件で、介護の心労をつづった数枚のメモが見つかった。最後に書き残した言葉は「土に返りたい」。介護保険制度や相談窓口を利用していたが、追いつめられた心境は誰にも気付かれなかった。

 雨が降りしきる早朝。河川敷の木の下で、車いすに座ったまま死亡している母親が見つかった。毛布がかかった遺体のそばに、刃物で自分の首を傷つけた片桐被告も倒れていた。

不安、苦しみのメモ
 かばんに残されていたメモには、父親の死後約10年間、相談相手がいない不安感や疲れ、経済的苦しみが記されていた。また▽市販のおにぎりの包み紙も食べる▽深夜、15分ごとに起きてはいかいする-など、母親の深刻な症状も説明してあった。

 関係者によると、片桐被告は昨夏に仕事をやめた。週2回ほど、特別養護老人ホームのデイサービスを利用しながら自宅で介護に専念した。生活保護を受けようと区役所へ2度申請したが、失業給付金の受給などを理由に基準を満たさず断られた。そして昨年末、母の体調不良を伝え、ホームにも顔を出さなくなった。

 心配した担当のケアマネジャーが訪問したのは皮肉にも事件前日だったという。玄関前に雨でぬれた傘が立ててあったが返事はなかった。ホームの施設長は「面会を拒否されれば、どうしようもない。個人情報の関係で無理に本音も聞き出せない。閉じこもってしまった本当の理由はわからないまま」と漏らす。

実態の把握難しく
 ケアマネジャーに頼りがちな行政にとって、制度のはざまで暮らす人たちの実態把握は難しい。自分から助けを求められない介護者にも目が行き届かないのが現状だ。

 京都市上京区の「呆け老人をかかえる家族の会」京都支部の荒綱清和代表も認知症の母を介護した。言うことを聞かない母に憎しみを込めて尻をたたいたことがある。その後、排せつ物の世話のたび、尻に浮かぶピンク色の手形を見て自分を責めた。「むなしさで涙がこぼれた。こういう悩みは他人には話せない」。

親身に耳を傾けて
 2000年4月に介護保険制度が始まり、従来の措置制から契約制に変わった。利用者に選択の自由がある一方、公的責任は後退していないだろうか。制度開始後も「介護殺人」は絶えず、日本福祉大の加藤悦子講師によると、1998年からの6年間で200件近くあるという。

 人を殺すことは許されない。ただ、今回の事件は、誰かが親身に耳を傾けていれば命を救えたと思えて仕方ない。周囲が受け身のままでは悩みを抱え込む介護者のSOSを見逃してしまう。心を閉ざす前に変化を読み取り、積極的に救いの手を差し伸べる必要がある。

[京都新聞 2006年3月1日掲載]
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
どっかの国だけでしょ。
 2006.04.26 Wed
理解を示す外国の首脳って、彼が忠犬ぶりを発揮している「自由の国」のダイトーリョーだけだと思います。
少なくともアジア諸国からは総スカンですから。ここまで、ア○だと面白すぎますね、この人。

================================================================

首相「中韓は後悔する」 靖国批判に長々反論

 小泉純一郎首相は25日、中韓両国による自身の靖国神社参拝批判について、記者団に「何で首脳会談を行わないなんておかしなことを言ったのか、(中韓両国は)後悔する時が来る」などと長々と反論した。反論は毎度のことだが、この日は挑発的な言葉も目立った。韓国の盧武鉉大統領が対日強硬方針を表明したことへのいら立ちもあったようだ。
 首相は、官邸で記者団から「就任時の公約通り8月15日に参拝するか」と聞かれ、「適切に判断するとしか答えない」と決まり文句を述べた上で反論を開始。中韓が参拝を理由に首脳会談を拒否していることには「理解できないし、外国の首脳と話すと『小泉さんの言うことは正しい。中国、韓国はおかしい』と言っている」と語った。
(共同通信) - 4月25日20時5分更新
  c:2  t:0   [みなみ]
中韓の思惑
 2006.04.25 Tue
中国、韓国に対するこれまでの日本の「あいまいな」外交姿勢がどんどん、彼らに物を言いづらくさせています。
この辺でピシッと、言うべきこと、解決すべきことを淡々とやるべきでしょう。いつまでも太平洋戦争を引きずっていてはそれも出来ません。
そのためにも靖国は戦死者ではない人たちを分祀すべきです。

竹島問題については、中韓にひれ伏している朝日新聞ですら23日の社説で、
「 今回の騒ぎで遺憾なことがあった。

 「侵略戦争で確保した占領地について権利を主張する人たちがいる」。盧武鉉大統領は、そんな表現を使って日本を非難している。

 領有権を主張しているのは事実だが、これでは国家指導者が先頭に立って民族感情をあおっているようではないか。問題の解決には何の役にも立たない。 」


と韓国の対応を非難しています。

また、中国もアフリカの利権を手に入れつつあるようです。

中国、アフリカでも資源外交 ナイジェリアなどに新利権
2006年04月24日20時38分
 米国、サウジアラビア訪問を終えた胡主席は24日から、アフリカ大陸3カ国を歴訪する。アフリカ訪問は主席就任後2度目で、中国が石油資源を開発するナイジェリア、ケニア両国と、中国製品の市場開拓を狙うモロッコを訪れる。

 資源外交に力を注ぐ中国は、アフリカ最大の産油国ナイジェリアとの関係を重視する。欧米の国際石油資本(メジャー)が軒並み進出する同国南部の油田地帯で、中国海洋石油(CNOOC)の香港法人が今年1月、海底油田の開発権を約23億ドルで獲得した。

 中国政府は3月、この見返りとして、ナイジェリアの衛星打ち上げ計画に、2億ドル(約230億円)を融資することに合意。鉄道の再建などの社会基盤整備にも資金を提供するとみられている。

 現在は産油国ではないケニアでも、中国は石油開発に着手する。地元紙によると、CNOOCが沿岸部での海底油田開発でケニア政府と合意し、今年9月にも調査を開始するという。
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
やっぱり「ダメダメ」なんでしょう
 2006.04.24 Mon
与党候補相次ぎ敗北 米軍再編争点の市長選など

 23日に投開票された各地の注目市長選で与党候補が相次いで敗れ、衆院千葉7区補選での自民党候補の敗北に加え、政府、与党に厳しい結果となった。後半国会を控え、小泉純一郎首相の政権運営にも影響を与えそうだ。
 在日米軍再編が争点となった山口県岩国市長選は、空母艦載機移転の撤回を求める井原勝介氏が当選。沖縄県沖縄市長選でも、米軍嘉手納基地の自衛隊の共同使用に反対する東門美津子元衆院議員が当選、与党候補が敗北した。
 米軍再編では、基地や部隊の移転先となる関係自治体が相次いで反対を表明。政府は、近く予定している米側との最終合意を前に、難しい対応を迫られることになった。(共同通信) - 4月23日23時21分更新

================================================================
東広島市の市長選でも自民党・中川秀直政調会長の次男が敗れたそうです。日本国民がようやくコイズミさんの「空虚さ」に気づいた結果だと思われます。コイズミさんは今年の9月までが首相の任期ですが、彼は何を残したのでしょう。借金だけですね。失われた5年です。
  c:2  t:0   [みなみ]
人類補完計画
 2006.04.18 Tue
新世紀エヴァンゲリオンというアニメが10周年ということでブーム再燃の動きがあります。

エヴァ


かなり奥の深い内容で、謎の生物「使徒」の襲来を受け、それに「エヴァンゲリオン」というロボットに少年少女が乗り込んで戦うのですが、単なる勧善懲悪ものではなく、背景に国連の特務機関による「人類補完計画」というものがあるのです。これにいろいろなテーマやエピソードが無限につながりかなり盛り上がるのですが、最後は主人公シンジが自己の内面と対話して終わるという「なんじゃ、こりゃ?」的な終わり方をしました。

興味のある人はレンタルビデオ屋にあるので観てください。
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
介護の寄り道は「通勤」・大阪地裁、労災不支給取り消し
 2006.04.13 Thu
通勤途中の中断、逸脱に関する判決です。時代の流れから「介護」も生活をする上での必要事項、と認められました。至極当然な判決と思います。
しかし、労基署も杓子定規な判断ですな。
地方労働委員会とかも、客観的な判断が出来ていない例が多く、今後はこのように裁判に持ち込まれるケースが多くなりそうです。

------------------------------
 義父の介護で寄り道して帰宅する途中の交通事故が「通勤災害」にあたるかどうかが争われた訴訟の判決で、大阪地裁の山田陽三裁判長は12日、「介護のための回り道は通勤経路に含まれる」との判断を示し、原告の男性の訴えを認め、労災保険の不支給処分を取り消した。原告側弁護士によると、介護目的の“寄り道”を通勤経路と認めた判決は初めてという。

 労災保険法は「日常生活上必要な行為」であれば、合理的な通勤経路を外れても労災保険を支給できると規定している。今回の訴訟は、介護がこの要件に該当するかが争点だった。

 訴えていたのは大阪府富田林市の男性(58)。2001年2月、勤め先から帰る途中で両足が不自由な義父(90)宅に寄って夕食の用意や入浴介助などを済ませ、徒歩で自宅に向かう際にミニバイクと衝突、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などのけがを負った。労働基準監督署に休業給付を申請したが、「通勤途中の災害とは認められない」として不支給とされた。 (00:28)
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
sensitiveなのです
 2006.04.12 Wed
この河相外務省北米局長は、「Japanese people are not nervous but sensitive.」くらい言ってくれたんですかね??

================================================================

牛肉の早期輸入再開要求 米次官補「日本は神経質」

来日中のヒル米国務次官補は12日朝、都内のホテルで河相周夫外務省北米局長と会談し、牛海綿状脳症(BSE)の特定危険部位が混入していた問題で全面停止となっている米国産牛肉の早期輸入再開を重ねて求めた。河相氏は引き続き慎重に検討する方針をあらためて表明した。
 ヒル氏は「日本は何でそんなに神経質になるのか。なるべく早く再開してほしい」と要請。これに対し、河相氏は「輸入再開は日米共通の利益だが、日本の消費者の理解を得ることが重要だ」と述べるにとどめた。
 河相氏は在日米軍再編に関し、米軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)への移設案について、滑走路をV字型に2本建設することで名護市と合意した修正案を説明。今後は沖縄県側の理解を得られるよう努力することを伝えた。(共同通信) - 4月12日11時13分更新
  c:1  t:0   [みなみ]
札幌紀行
 2006.04.10 Mon
出張でしたが、札幌へ行ってきました。

◆時計台
時計台


日本3大がっかり名所、という先入観がありましたが、どうしてなかなか立派な建物でした。雪が降っており、幻想的でした。

◆北海道大学(クラーク像,ポプラ並木)
クラーク

ポプラ


クラーク像は胸像でした。有名な「ボーイズビーアンビーシャス!」と指を指した像はずっと南の羊ヶ丘というところにあるそうです(私の隣の北大OG談)が、後の祭り。
ポプラ並木はきれいでしたが、革靴だったので雪ですべりまくり。

◆すみれ
すみれ

有名なラーメン、すみれの本店で食してきました。パンチの効いた味噌はコクがありながらまろやかで久々にスープまで飲み干しました。しかし、有名店の故か量が少なめ。味噌の大盛り(850円)を頼んだのですが、ちょうど良かったです。11:30で15人ほどの行列が出来ていました。

以上
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
「自己変革」への意志
 2006.04.07 Fri
もうすぐ64歳になろうとする方が、「自己変革」を表明しています。小沢さんに比べればまだまだ若いワタクシ自身もその必要性を必然的に感じるような、切迫感を持ちたいです。
================================

小沢氏宣言「わたし自身が変わる」=窮地の民主救えるか

民主党の新代表に小沢一郎氏が選出された。自ら率いた旧自由党を解党し、民主党に合流して2年7カ月。「がけっぷち」に追い詰められた民主党の再出発の先頭に立った小沢氏は記者会見で「自己変革」の必要性にまで言及した。小沢氏に付きまとう「こわもて」のイメージを払拭(ふっしょく)して、指導力を発揮する決意を示したものだ。果たして小沢氏は究極の民主党救世主となり得るか-。
 ◇イタリア映画のせりふも引用
 「まず何よりもわたし自身が変わる」。7日午後、都内のホテルで開かれた両院議員総会。投票に先立つ立会演説会で小沢氏は、イタリアの名画「山猫」の中で、主役が変革を訴えた場面に感銘を受けたと紹介し、そのせりふを引用しながら、「政治生命のすべてをつぎ込む」と強調した。
 小沢氏の強権的手法を警戒してきた中堅議員は、「一方的押し付けはしないという意味ではないか」と評価。小沢氏を支持した若手議員からは「小沢氏がイタリア映画の話をするなんて、イメージが変わった」との声も。
 ただ、今回の代表就任は、偽メール問題というハプニングが引き金となったものだが、小沢氏自身は、早い段階から民主党の中枢に身を置いて政権交代を目指すシナリオを描いていた節がある。 
(時事通信) - 4月7日23時0分更新
  c:1  t:0   [みなみ]
民主代表選、菅・小沢両氏が出馬表明へ
 2006.04.05 Wed
話し合いでまとまらず、結局一騎打ちになるようです。
今回に限っては、話し合いで(小沢さん)一本化が望ましいと私は思っていました。なかなか一枚岩になれませんから。

-------------------------------

 民主党の前原代表の辞任表明を受けた後継代表選びで、菅直人・元代表(59)は4日、立候補する意向を固めた。

 菅氏は5日に記者会見を行い、出馬を表明する。小沢一郎・前副代表(63)も同日に出馬表明する見通しだ。この結果、7日の党代表選は、小沢氏と菅氏のベテラン勢の一騎打ちとなる見通しとなった。

 小沢氏と菅氏は4日、東京・音羽にある「鳩山会館」で開かれた民主党の観桜会に出席し、記者団の前で握手した。菅氏はあいさつで「代表選で(新代表が)決まれば、一兵卒だろうが何でもやる覚悟で、一致結束してやりたい」と述べた。小沢氏は記者団に「どなたでも(代表選に)出たい人は出ればいい。(挙党体制は)できる」と語った。

 これに先立ち、菅氏は4日午前、都内のホテルで、自らが率いる議員グループの幹部らと会談し、複数の議員から立候補を前向きに検討するよう要請を受けた。会合終了後、菅氏は記者団に「代表選をきちんと戦うことが一般的には本筋だ。(菅グループの)若い人が選挙をしろというのは大変重い提案だ」と述べ、出馬への意欲を示した。ただ「最終的に挙党体制を作ることを、互いに約束しあうような形が必要だ」とも語り、自らが立候補した場合に、代表選後も小沢氏との協力関係を確保できるかどうかを見極めたうえで、出馬表明を行う考えを示した。

 これを受け、菅グループは4日、代表選の公約作りの準備に入った。民主党の政治理念として、〈1〉最小不幸型社会の実現〈2〉米国と同時にアジアにも軸足をおいた外交の展開――などを盛り込む方針だ。

 小沢氏に近い議員は4日夜、記者団に、「小沢氏は出馬表明する意向を固めた」と語った。小沢グループは同日夜、菅氏が出馬表明した場合、直ちに小沢陣営の選対本部を設置するなど、代表選に向けた準備を本格化させることを決めた。前原代表を支持する中堅・若手議員グループは4日夜の会合で、自主投票とすることを決めた。

 一方、民主党内では、代表選後も挙党体制を確立できるよう、代表選前に小沢、菅両氏が会い、率直に意見交換すべきだとの意見が出ており、小沢グループと菅グループの間で調整が続いている。

(2006年4月5日1時41分 読売新聞)

管・小沢

音羽観桜会で握手する菅元代表と小沢前副代表(左端は鳩山幹事長、右から2人目は渡部国対委員長)
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
品プリ桜タワーの桜
 2006.04.05 Wed
アラブと同日(同時刻?)私は、品プリの桜タワーにおりました。

?!)桜


これではどこの桜か分かりません。。。
(写真コンテスト最下位確定か
  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
ヒルズの夜桜
 2006.04.05 Wed
昨日はお疲れ様でした。
幹事のムサシさん、メキさん、アポジェに相応しい楽しい余興をありがとうございました。
お店に行く前にヒルズで撮影した写真を掲載します。だいぶ葉桜になりかけていましたが、ライトアップされてキレイでした。残念ながら見れなかったマルさん、これで雰囲気味わってください。

追伸:帰りは襲われることもなく、無事帰宅しました。
hills

  c:3  t:0   [獅子太郎]
増上寺の風景
 2006.04.05 Wed
4月1日、家族で増上寺の桜を見に行きました。
天気も良く桜も満開でいい花見でした。
zojyoji

  c:2  t:0   [獅子太郎]
「患者家族と信頼関係」 呼吸器外しで外科部長が説明
 2006.04.02 Sun
いろいろ議論が分かれているようです。
私は、この外科部長は心の冷たい営利主義の医者ではないことだけは確かだと思います。

------------------------------------------------------------
 富山県射水(いみず)市の射水市民病院で患者7人が人工呼吸器を外され、死亡した問題で、治療の中止を指示したとされる外科部長(50)が29日午前、同市内の自宅で朝日新聞社などの取材に応じ、患者側の同意について「互いに強固に信頼し合う関係だったと思う。わかって頂けていると思っている」と語った。人工呼吸器の取り外しを判断する際は「もう1人別の医師と相談しながら決めたので、独断ではない」とも説明した。
 延命治療の中止には横浜地裁判決が違法性を問われない場合の要件を示しており、今回の取り外し事案もこれに沿って、(1)患者や家族の同意が明確に得られていたか、(2)患者の死期などについての医学的判断が独断で行われていなかったかが、焦点になっている。
 病院側はこの2点に問題があり、警察に通報したとしている。外科部長は今回、初めて自身の考えを語った。
 人工呼吸器を取り外す際は、7件すべてで家族が立ち会い、他の医師や看護師もいた、と説明。取り外しの判断は、相談する別の医師が遠方に行っていた際の1件だけ単独で行った、とした。
 さらに、「集中治療しても効果がない時、患者の気持ちを考え、次にできることは何かを考えた」と話し、取り外し行為については「消極的な安楽死というのが妥当」と評価した。
 同意書の有無についても言及。「信頼関係は形のないもの。同意書にサインしてくれとは申し訳なくて言えない。実際に存在しているかは、記憶がない」とし、「人が亡くなる時のルールとして、心停止がある。自分の行為がそれに反していることは分かっている」「法の判断に任せたい」などとも述べた。
 同様に延命治療を中止する医師は「(他にも)たくさんいるだろう」とし、今回の問題が公表され、広く報じられた点について「安楽死問題はもっと論議されるべき問題だと思っている。図らずも一石を投じる形になった。客観的に見て、必要な公表だったと思う」と話した。

  c:1  t:0   [太刀持ち荒勢]
ついに御大登場か?
 2006.04.01 Sat
自民党時代、豪腕幹事長でした。当時、先輩議員である総裁候補者を呼びつけ、総裁の資質があるかどうか、面談をして確かめたとか、いう噂も。ワタクシは2世あるいは3世議員という職業人を何の信念もない政治家だと基本的に嫌っていますが、小沢さんは別です。野党第一党がこのままでは、我が国はとても危険な状況ですので、小沢さんに期待しています。
================================
軸は小沢氏、3日に見解表明=一本化には異論-民主代表選 (時事通信)

 民主党は1日、前原誠司代表の辞任表明を受けて、7日の後継代表選出に向けた調整を本格化させた。後継選びは、党の危機的状況を踏まえ、ベテランの小沢一郎前副代表を軸に進む見通し。小沢氏は3日午前、記者会見などの形で自らの見解を表明する。ただ、若手を中心に小沢氏への抵抗感もある上、投票選出を求める声も強まっており、菅直人元代表らの擁立論も出ている。
鳩山由紀夫幹事長は1日午後、千葉県流山市内で記者団に「(次期代表は)9月までの暫定代表ではない。党を蘇生(そせい)させる大事な代表だ。9月以降も続ける意欲を持つ方々に戦ってほしい」と述べ、本格代表を選ぶためにも投票が望ましいとの認識を強調した。
 前原氏も同日午後、宮崎市内で記者団に「(党の先頭に立つ)思いを持つ人がたくさんいると見える方が党再生のイメージになる」と述べ、話し合い選出には否定的な考えを示した。[時事通信社][ 2006年4月1日19時50分 ]
  c:1  t:0   [みなみ]
青春小説の最高傑作
 2006.04.01 Sat
4087496287.09.LZZZZZZZ.jpg


69(シクスティナイン) 村上龍 集英社文庫

村上龍氏の高校生時代(1969年)を綴った小説。とても面白く、大笑いできます。1987年に発表され、ワタクシは高校2年生でした。とにかくハチャメチャな事をするなぁ、と思っていました。正直、真似したかったですけど、村上氏とワタクシには「才能」に歴然の差がありましたので、諦めました。

by ムサシ
  c:1  t:0   [ブック☆レビュー]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。