スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
ひこにゃんだけじゃない!滋賀のゆるキャラ大集合
 2008.05.11 Sun
よく分かりませんが、ほのぼのしました。
最近、政治が面白くないのでこういう記事の方に興味が行きます。

-------------------------------------

yuru

大きなボールを転がしながらゴールを目指すゆるキャラたち
(毎日新聞)11日19時57分更新

スポンサーサイト
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
【映画】実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
 2008.04.29 Tue
新宿でしかやっていないのでしょうか?
GWの映画にふさわしい!!
観に行きたい。。。

----------------------------------

極限状態に追い詰められた人間は…

 「連合赤軍」の事件とは何だったのか?と問う前に、まず「連合赤軍」について語らねばならないのは、「あさま山荘」事件から36年という歳月の重みを考えれば当然のことなのかもしれない。今やそれ自体が歴史なのだ。歴史を解き明かすには事件を正確に検証しなくてはならない。若松孝二監督は、1960年代から70年代に至る学生運動の流れの中に連合赤軍を位置づけ、彼らの行動の軌跡を追う。
asama

 軍事訓練が行われた山梨県大菩薩峠の「福ちゃん荘」事件、板橋区上赤塚交番と栃木県真岡の銃砲店の襲撃。筆者が駆け出し記者だった71年、新聞には赤軍派の事件を報じる見出しが躍っていた。やがて連合赤軍が生まれ、72年2月の軽井沢・あさま山荘の銃撃戦に至るわけだが、主義主張こそ違え、同世代の彼らの行動を他人事とは思えず、固唾を呑んで事件の推移を見守っていた。それが頂点に達したのは、事件後明らかになった粛清の嵐。仲間のリンチで殺された遺体が次々と掘り起こされ、その壮絶な最期に絶句した。

 あまりのむごさに無意識のうちに目をそむけていたのかもしれない。しかし、この映画はそんな傍観者に強烈なパンチを食らわせる。人里離れた山中で孤立していく革命集団の中へわれわれを引きずり込み、凄惨な現場に立ち会わせるのだ。そこでは政治的な議論も革命的な言説も意味をなさない。様々な仮面を引きはがした後に残る生身の人間に焦点が絞られる。「総括」の名のもとに「自己批判」をさせられる革命戦士たち。中でも、自らを殴りつけ死んでいった重信房子の盟友・遠山美枝子(坂井真紀)の絶叫が耳から離れない。

 これは組織崩壊の過程を克明に追った迫真の“ドキュメント”であり、極限状態に追い詰められた人間の恐怖の記録である。そこには妥協がない。ひたすら事実のみを積み重ね、非情なまでの冷徹な観察眼で「人間」を見つめる。そして天使にも悪魔にもなり得る人間の脆弱さ、卑小さを徹底的に暴き出す。が、それでもなお彼らを信じようとする作り手の心優しい眼差し。そこに、ほのかな救いの光を見たような気がする。3時間10分。

 ――東京のテアトル新宿で公開中。

(映画評論家 土屋好生/読売ウイークリー2008年4月13日号より)
  c:6  t:0   [太刀持ち荒勢]
脳トレ
 2008.04.20 Sun
ニンテンドーDSliteの脳トレソフトをはじめてやってみました。
何と30歳!
まだまだ捨てたもんじゃないっす!!
  c:5  t:0   [太刀持ち荒勢]
みちのく一人旅
 2008.02.16 Sat
2/13~15まで石川~岩手まで出張に出ておりました。
大分からの移動はかなりの体力を要し、また北日本が大雪だったこともあり、へとへとになってしまいましたが、うまい食べ物や酒に癒され、また懐かしい人々にも会うことができ、精神的には潤いを得ることができました。
sake
yuki

仕事のことはさておき、帰り際、岩手で古い友人と会って昼食をご馳走になりました(旨い日本酒付)。
彼は岩手で、お父上の家業を継ぎ、青年社長として不動産やサービス業を営んでおります。
そんな彼から、小泉・竹中改革で地方経済がいかに疲弊しているかを聞きました。
他にも自民党や民主党にかかる興味深いお話を聞くことができました。

みなみさん、そのうち教えてあげますね。
  c:5  t:0   [太刀持ち荒勢]
「和」の指向
 2008.02.11 Mon
最近、すべてにおいて「和」の指向が強まっています。
「洋」が別に嫌いなわけではないのですが、日本的なものに強く心が惹かれます。

生活の中の贅沢を取り払って、室町時代くらいの生活水準でいいのではないかと思っています。

今、「やってみたい気がする」のが、

・盆栽
・茶道
・書道

です。

4畳半の茶室がマジで欲しい今日この頃です。
  c:3  t:0   [太刀持ち荒勢]
佐藤ゆかり氏、転出の経緯説明 地元支持者に 岐阜
 2008.02.11 Mon
暦では立春を過ぎましたが、小泉チルドレンには冷たい北風がまだまだ吹き付けるようです。

-------------------------------------
2008年02月11日20時36分

 次期衆院選では東京5区での自民党の公認が決まった佐藤ゆかり衆院議員(46)=比例東海ブロック=は11日、岐阜市内で後援会総会を開き、転出決定後初めて地元の支持者らに転出に至った経緯や思いを説明した。

sato

「みなさん手をつないで」と呼びかけ、転出後も佐藤ゆかり氏を支援するよう訴える武部勤元自民党幹事長(右)=11日午後、岐阜市で

 佐藤氏は「この2年半、本当にお世話になりました。言葉では言い尽くせません」と感謝の言葉を述べて深々と頭を下げる一方、「東京5区で知り合い、親族がいたら紹介いただきたい」と早くも東京での地盤づくりを意識した発言も。総会後、報道陣には「岐阜の分裂を修復するために、自ら岐阜を出ることに合意をした」と転出を決めた理由を説明した。

 総会には、郵政選挙当時の党幹事長だった武部勤氏も姿を見せ、「嫁として東京5区に送り出して下さい。(小泉)チルドレンはみんな守ってみせる」と理解を求めた。

 この日は当初、後援会の新年御礼会の予定だったが、転出決定を受けて総会に変更。約2000人(事務所発表)の支持者が集まり、「お別れ会」の様相を見せた。

 一方、岐阜1区での党公認が決まった野田聖子衆院議員(47)は同日、報道陣に「自民党には選挙での感情的なしこりを乗り越えて一つにまとまってきた大人の智恵がある」とし、佐藤氏の支持者らには「直接お目にかかってお話しさせていただけるよう努力したい」と呼びかけた。
  c:3  t:0   [太刀持ち荒勢]
時代劇チャンネルに夢中
 2008.02.03 Sun
当地でケーブルテレビに加入したのですが、その中の「時代劇チャンネル」にはまっています。
365日24時間、銭形平次や暴れん坊将軍、鬼平犯科帳など古いものから最近のものまでひたすら時代劇を放送しています。
マニアにはたまりません。
へたするとずっと見てしまうので妻にいつも怒られております。

http://www.jidaigeki.com/
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
福田首相「正直言って困っている」…民主の対応に
 2008.01.30 Wed
一説によると福ちゃんはいつ政権を「もう、やーめたー」って放り出すか考えているんだって。

------------------------

 福田首相は30日昼、ガソリン税の暫定税率などの期限延長を巡る民主党の対応について、「正直言って困っている。何度も何度も話をして理解も進んだと思ったが、『3月末には(賛否を)決めない』という。じゃあ、4月以降どうするお考えなのか。経済を不安にさせ、地方も不安に思うだろう」と批判した。

 3月に任期が切れる日銀総裁の後継人事にも影響する可能性を指摘されると、「総裁が決まらなくて空白になるなんてあり得ないことだ。最後まで努力してほしい」と述べ、与野党協議で事態を打開することへの期待を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

(2008年1月30日13時48分 読売新聞)
  c:4  t:0   [太刀持ち荒勢]
厄年でございます
 2008.01.13 Sun
思った以上に多忙で、しばらく書き込みができませんでした。
会社でも自宅でもなかなかアポジェのBlogが開けませんでした。
まあ、無理をせず、可能な時に気の向くままやっていきます。

さて、本年は私、数えの42歳ということでいわゆる男の「本厄」です。
年明け早々近くの神社でお払いを済ませました。

しかしながら最近ストレスが多く、また酒席も多いため、健康の維持に悩んでおります。
酒も少しは控えないとなあ、と弱い決心をしております(もちろん、皆さんとの酒席は別ですよ!今年も大いにやりましょう!)

あと、いい歳をして「プリチゐ」もなかろうと思うので、渋いミドルエイジにふさわしいハンドルネイムを募集中です。
よろしくお願いいたします。
  c:3  t:0   [太刀持ち荒勢]
セクスィー部長
 2007.11.24 Sat
sexy


3年ほど前からNHKで「サラリーマンNEO」という会社員生活をモチーフにしたコント番組があります。これまでさほど興味がなかったのですが、この4月から9月まで放送された中で、「セクスィー部長」というコーナーがあり、話題になっているというので勤労感謝の日にBSで一気に放送されたものを見ました。
結構はまってしまいそうです。

話の流れは大体ワンパターンです。
あるオフィスに「できる」女性が乗り込んできて難癖をつけるところから始まります。女性は、ライバル会社のキャリアであったりNO1ホステスだったり。
で、タジタジとなった2人の男性社員、それを不安げに見つめる女性社員。
ここでピンクの照明がかかり、BGMが変わり、沢村一樹演じる「セクスィー部長」が怪しい動きをしながら助けに来ます。
花形満を髣髴させる髪型で目をかっと見開き、セクスィーというより怖い。。。
とにもかくにも男の色気で相手どころか味方も悩殺してしまう部長です(普段何の仕事をしているのだろう?)。
この部長の凄いところは、色気で相手を懐柔するだけでなく、いつの間にか、鍵が無くなって開かなくなっていた机の引き出しが開くようになったり、枯れた花がよみがえったり、1万円の両替に困っていたピザの配達人の手に千円札がたくさん握られていたりするのです。

※音に注意

http://www.youtube.com/watch?v=UJmXLT5mnhg

はっきりいってセクスィー部長がやっていることは、セクハラですが、あまりのインパクトに周りも冷静な判断力を失うのでしょうか。

最近の若手芸人を消耗品としか思っていない民放のバラエティに比べたら、この番組はしっかりした演技のできる俳優を使った骨のあるコメディ、といった感じです。
この番組自体外国からの評価も高いそうです。
  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。