スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
【映画】実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
 2008.04.29 Tue
新宿でしかやっていないのでしょうか?
GWの映画にふさわしい!!
観に行きたい。。。

----------------------------------

極限状態に追い詰められた人間は…

 「連合赤軍」の事件とは何だったのか?と問う前に、まず「連合赤軍」について語らねばならないのは、「あさま山荘」事件から36年という歳月の重みを考えれば当然のことなのかもしれない。今やそれ自体が歴史なのだ。歴史を解き明かすには事件を正確に検証しなくてはならない。若松孝二監督は、1960年代から70年代に至る学生運動の流れの中に連合赤軍を位置づけ、彼らの行動の軌跡を追う。
asama

 軍事訓練が行われた山梨県大菩薩峠の「福ちゃん荘」事件、板橋区上赤塚交番と栃木県真岡の銃砲店の襲撃。筆者が駆け出し記者だった71年、新聞には赤軍派の事件を報じる見出しが躍っていた。やがて連合赤軍が生まれ、72年2月の軽井沢・あさま山荘の銃撃戦に至るわけだが、主義主張こそ違え、同世代の彼らの行動を他人事とは思えず、固唾を呑んで事件の推移を見守っていた。それが頂点に達したのは、事件後明らかになった粛清の嵐。仲間のリンチで殺された遺体が次々と掘り起こされ、その壮絶な最期に絶句した。

 あまりのむごさに無意識のうちに目をそむけていたのかもしれない。しかし、この映画はそんな傍観者に強烈なパンチを食らわせる。人里離れた山中で孤立していく革命集団の中へわれわれを引きずり込み、凄惨な現場に立ち会わせるのだ。そこでは政治的な議論も革命的な言説も意味をなさない。様々な仮面を引きはがした後に残る生身の人間に焦点が絞られる。「総括」の名のもとに「自己批判」をさせられる革命戦士たち。中でも、自らを殴りつけ死んでいった重信房子の盟友・遠山美枝子(坂井真紀)の絶叫が耳から離れない。

 これは組織崩壊の過程を克明に追った迫真の“ドキュメント”であり、極限状態に追い詰められた人間の恐怖の記録である。そこには妥協がない。ひたすら事実のみを積み重ね、非情なまでの冷徹な観察眼で「人間」を見つめる。そして天使にも悪魔にもなり得る人間の脆弱さ、卑小さを徹底的に暴き出す。が、それでもなお彼らを信じようとする作り手の心優しい眼差し。そこに、ほのかな救いの光を見たような気がする。3時間10分。

 ――東京のテアトル新宿で公開中。

(映画評論家 土屋好生/読売ウイークリー2008年4月13日号より)
スポンサーサイト
  c:6  t:0   [太刀持ち荒勢]
comment

背景の細かいところまではよく分からないのですが、私、こういった事件もの結構好きです。

少し前にハリウッド映画ですが、「K-19」という映画をTVで見ました。
ソビエトの原子力潜水艦が実際に起こした事故をもとに製作されたものでした。
冷戦時代のアメリカとの緊張関係や、故障した原子炉の修理にあたる乗員の勇姿と
リアルな映像(被爆の様子はもっとひどかったのだと思いますが)、乗員の愛国心や
艦長の熟考の末の決断など、何気なくチャンネルを合わせた割りには最後まで
見入ってしまうほど、色々なエッセンスがつまっていた映画だったと思います。

事件とは歴史そのものであり、歴史を知るということは、そのような状況に陥った時
人間がどのように考え、行動するものなのか、を知るということでもあると思います。
はるか古代から始まった歴史は、文化が異なっても人間として同じような進化をとげてきたと
感じています。そして、映画などを通して歴史に残る事件を知ったり、知識を深めたりすることも、
自分が生きた時代を知るためにとても重要だと私は思っています。
by: おしゃう | 2008.05.01 20:06 | URL | edit

ワタクシは「靖国 YASUKUNI」を観に行きたいと思っていますが、どこでいつまで上映しているのかすら、知りませぬ。
by: みなみ | 2008.05.05 22:38 | URL | edit

みなみさま

実は私も「靖国」ひそかに観たいと思っておりました。
もうお調べになったかもしれませんが、東京では、渋谷シネ・アミュース(5月9日まで)と
有楽町シネカノン1丁目(5月10日~)で上映されるようです。
日程と私の行動範囲から、私は有楽町で観ようと思っていますが、
レイトショー上映で終映時間が23時20分というのが難点です。。
by: おしゃう | 2008.05.06 16:03 | URL | edit

おしやうさま。貴重な情報をありがとうございました。ワタクシは、観に行けるかな・・・。
by: みなみ | 2008.05.11 01:10 | URL | edit

「靖国」は左翼からも右翼からも賛否両論だそうで、非常に興味があります。
みなみさま、おしゃうさま、観にいかれたらぜひ感想を聞かせてください。
by: 太刀持ち荒勢 | 2008.05.11 22:34 | URL | edit

証券の検索サイト。証券会社、イートレード証券、マネックス証券、新光証券、楽天証券など証券に関する各種情報をお届けしています。 http://manuka.stuartmembery.com/
by: 名無しさん | 2008.10.26 18:35 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://umeko2005.blog24.fc2.com/tb.php/501-8f11867e
なんてこった!| HOME | 「報酬」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。