スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
そろそろ
 2008.05.17 Sat


カイサンソウセンキョですかね。なんせ2005年の衆議院選挙で自由民主党に投票した人たちは「郵政民営化」を支持しただけなのでしょうから。

=========================================

内閣支持20%割れ=不支持6割台に-時事世論調査
5月16日17時1分配信 時事通信

 時事通信社が9~12日に実施した5月の世論調査によると、福田内閣の支持率は19.9%と、発足以来最低だった前月より7.7ポイント減少した。支持率が2割を切るのは森政権末期の2001年4月以来。一方、不支持は前月比10.4ポイント増の62.8%となった。後期高齢者医療制度(長寿医療制度)への不満のほか、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活や、道路特定財源を維持する法律の衆院再可決への動きが影響したとみられる。
 不支持の理由(複数回答)は「期待が持てない」が同6.9ポイント増の37.1%でトップ。以下「リーダーシップがない」29.7%、「政策が駄目」23.4%、「首相を信頼できない」15.8%が続いた。支持の理由は「他に適当な人がいない」が最も多く、7.9%だった。
 不支持は年齢別に見ると、50歳代で7割を突破し、全世代で5割を超えた。70歳代以上も51.5%で、初めて支持を上回った。男女別では男性69.8%、女性56.0%。 
スポンサーサイト
  c:1  t:1   [みなみ]
ひこにゃんだけじゃない!滋賀のゆるキャラ大集合
 2008.05.11 Sun
よく分かりませんが、ほのぼのしました。
最近、政治が面白くないのでこういう記事の方に興味が行きます。

-------------------------------------

yuru

大きなボールを転がしながらゴールを目指すゆるキャラたち
(毎日新聞)11日19時57分更新

  c:2  t:0   [太刀持ち荒勢]
なんてこった!
 2008.05.05 Mon
時代遅れのワタクシはこのような話を聞くと、文明に頼っている自分に嫌気がさし、無性にPCを壊したくなります。ウソです。

=======================================================

その名も「激指」…将棋ソフト、人間に勝つ
5月5日19時46分配信 読売新聞

 将棋ソフトの強さを競う第18回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで千葉県木更津市で行われ、「激指(げきさし)」(開発者=鶴岡慶雅氏など)が3度目の優勝を飾った。
 大会には国内外の40ソフトが参加していた。
 最終日の5日、恒例のソフト対アマトップの公開対局が行われたが、2005年アマ竜王でアマ名人の清水上徹さん(28)が激指に、04年アマ竜王で朝日アマ名人の加藤幸男さん(26)が大会2位の「棚瀬将棋」(開発者=棚瀬寧氏)にそれぞれ完敗した。
 プロレベルの実力を持つ現役アマタイトル保持者がコンピューターに敗れるのは初。
 鶴岡さんと棚瀬さんは「今回の結果でトップアマを越えたとは思わないが、展開に恵まれた」と声をそろえた。
 一方、敗れた清水上さん、加藤さんは「コンピューターの読みが上回っていた」「完敗でした」と悔しさをにじませた。
 コンピュータ将棋協会の滝沢武信会長は「持ち時間が各15分とプログラム側に有利なルールではあったが、コンピューター将棋史に残る結果となった」と話した。
最終更新:5月5日19時46分
  c:3  t:0   [みなみ]
【映画】実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
 2008.04.29 Tue
新宿でしかやっていないのでしょうか?
GWの映画にふさわしい!!
観に行きたい。。。

----------------------------------

極限状態に追い詰められた人間は…

 「連合赤軍」の事件とは何だったのか?と問う前に、まず「連合赤軍」について語らねばならないのは、「あさま山荘」事件から36年という歳月の重みを考えれば当然のことなのかもしれない。今やそれ自体が歴史なのだ。歴史を解き明かすには事件を正確に検証しなくてはならない。若松孝二監督は、1960年代から70年代に至る学生運動の流れの中に連合赤軍を位置づけ、彼らの行動の軌跡を追う。
asama

 軍事訓練が行われた山梨県大菩薩峠の「福ちゃん荘」事件、板橋区上赤塚交番と栃木県真岡の銃砲店の襲撃。筆者が駆け出し記者だった71年、新聞には赤軍派の事件を報じる見出しが躍っていた。やがて連合赤軍が生まれ、72年2月の軽井沢・あさま山荘の銃撃戦に至るわけだが、主義主張こそ違え、同世代の彼らの行動を他人事とは思えず、固唾を呑んで事件の推移を見守っていた。それが頂点に達したのは、事件後明らかになった粛清の嵐。仲間のリンチで殺された遺体が次々と掘り起こされ、その壮絶な最期に絶句した。

 あまりのむごさに無意識のうちに目をそむけていたのかもしれない。しかし、この映画はそんな傍観者に強烈なパンチを食らわせる。人里離れた山中で孤立していく革命集団の中へわれわれを引きずり込み、凄惨な現場に立ち会わせるのだ。そこでは政治的な議論も革命的な言説も意味をなさない。様々な仮面を引きはがした後に残る生身の人間に焦点が絞られる。「総括」の名のもとに「自己批判」をさせられる革命戦士たち。中でも、自らを殴りつけ死んでいった重信房子の盟友・遠山美枝子(坂井真紀)の絶叫が耳から離れない。

 これは組織崩壊の過程を克明に追った迫真の“ドキュメント”であり、極限状態に追い詰められた人間の恐怖の記録である。そこには妥協がない。ひたすら事実のみを積み重ね、非情なまでの冷徹な観察眼で「人間」を見つめる。そして天使にも悪魔にもなり得る人間の脆弱さ、卑小さを徹底的に暴き出す。が、それでもなお彼らを信じようとする作り手の心優しい眼差し。そこに、ほのかな救いの光を見たような気がする。3時間10分。

 ――東京のテアトル新宿で公開中。

(映画評論家 土屋好生/読売ウイークリー2008年4月13日号より)
  c:6  t:0   [太刀持ち荒勢]
「報酬」
 2008.04.24 Thu
よく言われることですが、「褒めてあげる」、という行為は重要なのですね。

=================================================

<生理研>褒められる気分はお金もらうのと同じ?! 脳解明
4月24日14時45分配信 毎日新聞

 褒められる気分はお金をもらう気分と同じ?!--。自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤(さだとう)規弘教授らの研究グループは、人が褒められた時と、現金などの報酬を受け取った時に脳内の同じ部位が反応していることを突き止めた、と発表した。24日付の米国脳科学専門誌「ニューロン」に掲載された。
 研究グループが着目したのは、脳中心部にある「線条体」と呼ばれる部位。線条体は、食べ物やお金などの「報酬」に対して反応を示すことがこれまでの研究で判明していた。
 実験では、大学生の男女19人(平均年齢21歳)を対象に、脳の血流量を測定した。「信頼できる」や「優しい」といった84種類の言葉を見せて褒められる状況を与えたところ、金銭を得た時と同じように線条体が活発に反応する様子を撮影することに世界で初めて成功したという。
 定藤教授は「子供は褒めると育つと言われるが、褒めることも金銭や食物と同様の『報酬』として脳内で処理されていることが明らかになった」と話している。【佐野裕】
  c:4  t:0   [みなみ]
脳トレ
 2008.04.20 Sun
ニンテンドーDSliteの脳トレソフトをはじめてやってみました。
何と30歳!
まだまだ捨てたもんじゃないっす!!
  c:5  t:0   [太刀持ち荒勢]
だから、安倍ちゃんは
 2008.04.12 Sat
選挙の応援じゃなく、「名寄せ」をしておいてよ!
話は変わり、今日、吉祥寺の東急百貨店裏の住宅街をブラブラ歩いていたら、とある一軒家の前にお巡りさんが警備をしていましたので、「何だろう?」と思い、そのお宅の表札を見たら、「高村正彦」と書いてありました。吉祥寺に高村外相殿のお宅があると、初めて知りました。と同時に、この方、「山口一区」選出らしいのですが、山口にはどれほどお住まいなのかな?安倍ちゃんも、そうだけど。

===============================================================

攻防:衆院2区補選 応援に党の大物続々 両陣営「負けられぬ」 /山口
4月12日16時1分配信 毎日新聞


 衆院山口2区補選(15日告示、27日投開票)に出馬する自民新人の山本繁太郎氏(59)が11日、岩国市民会館で総決起大会を開き、安倍晋三前首相ら党の国会議員多数が「負けられない選挙だ」と強調した。一方、民主現職(比例中国ブロック)の平岡秀夫氏(54)の陣営では小沢一郎党代表が急きょ、2区入り。岩国市と周南市で連合山口幹部らと情勢分析をし、組織を引き締めた。【近藤聡司、大山典男】
 ◇安倍前首相ら支持訴え--山本氏の総決起大会
 山本氏の総決起大会で、国会議員はそろって「米軍岩国基地の民間空港再開」と、自民の衆院議員だった福田良彦氏が当選した「岩国市長選の再現」を訴えた。
 直前まで内閣官房地域活性化統合事務局長を務めていた山本氏。安倍前首相は「日本の安全保障を担う岩国が、堂々と発展しなければならない。そのために必要な民間空港を造れるのは、地域活性化の専門家、山本さんしかいない」と語った。
 衆院山口3区選出の河村建夫・元文科相は「知名度でまだ負けている。2月の市長選のように、これから逆転する。山口県のため福田市長と山本さんの二人三脚を実現させてほしい」と述べた。
 他に県選出の高村正彦外相や岸信夫、林芳正両参院議員らが応援弁士に駆けつけた。
 山本氏は「民間空港や国道のバイパスなど、インフラを整備する中で、地域の活性化に一番大事な雇用を確保したい。この地域を地方再生の全国モデルにしたい」と訴えた。
 ◇小沢民主代表は急きょ--連合山口幹部と情勢分析
 小沢代表は岩国市で、党県連幹事長の西嶋裕作県議と会談し、連合山口の藤村秋生代表代行らと選挙情勢について協議した。
 協議後、小沢代表は補選を「次期総選挙の前哨戦であり、福田政権に対する審判。非常に重要な選挙だ」と位置付けたうえで、争点の道路特定財源問題について「ガソリンの値下げは地方ほど大きなメリットがある。暫定税率を廃止することも大きな関心の的だ。我々の主張に国民の審判を仰ぎたい」と述べた。
 民主は今週末の2区入りが予定されていた鳩山由紀夫幹事長に加え、急きょ菅直人代表代行の応援も決定。集会や街頭で「政権交代の幕開けに」と与党との対決姿勢をアピールする。
〔山口東版〕

4月12日朝刊
  c:3  t:0   [みなみ]
四季を楽しむ・・・春
 2008.03.31 Mon
昨日、近くの公園にお花見に行ってきました。
人出もそこそこありましたが、暖かい青空の下でお弁当を食べたり公園を散策したり、
十分楽しめました。とりわけ池の水面にのびた枝に咲く桜には、趣を感じます。

日常では時の流れがあまりにもはやく、ともすると四季を感じる暇もなく過ぎ去ってしまうので、
数年前から「季節を感じること」を意識するようになりました。
日頃お昼休みを過ごしているコーヒー店の窓際の席からは、
今の時期から夏にかけてガラス越にとてもきれいな緑を観ることができます。
私は初夏の緑が大好きです。(まだ春ですけど。。)

早いもので来週はもう4月ですね。
新入社員の初々しさに刺激を受けて気分も新たに~!といいたいところですが、
自分を見つめつつ癒しつつ、程々に地に足をつけていきたいと思います。
いつか輝けるその日が来るまで。

  c:3  t:0   [おしゃう]
実は最近・・・
 2008.03.29 Sat
「toto BIG」にはまっています。それこそ万が一、6億円が当っても、黙っていると思いますが。。。
  c:4  t:0   [みなみ]
ねんきん特別便が届きました
 2008.03.23 Sun
昨日のことです。夫宛に「ねんきん特別便」が届きました。

夫の年金加入履歴はとてもシンプルですし、私たちの世代は
基礎年金番号での管理が比較的整っているとの勝手な思い込みから、
まさか我が家に届くとは考えたこともありませんでした。
なので、半分驚き、その後は冗談かと思わず笑ってしまいました。

今の時期に届いたものは、「氏名、性別、生年月日の一部が不一致で、同一人と推定できる人」を
対象にしているようです。確認の結果、夫の履歴には何も問題がなかったので、
夫の返信により、しかるべき履歴の持ち主に名寄せされることを願いたいと思います。

年金を受け取るようになるのはまだまだ先なので、あまり実感はわきませんが、
夫よりも転職歴のある私のほうが心配になってしまいました。
関心をもっているようで実はあまりなかった、ということですね。反省。。

  c:3  t:0   [おしゃう]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。